天空剣の蒼風(かぜ) (光文社時代小説文庫)

著者 : 牧秀彦
  • 光文社 (2008年8月7日発売)
3.50
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 10人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334744670

天空剣の蒼風(かぜ) (光文社時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 旗本の次男坊なのに才能を見込まれて親戚筋から跡継ぎを望まれる・・・血のつながりはなくても心から弟を主と立てていく気持ちには煩わしい動きだから、自ら行いを悪くして見損なわれるための動き・・・報われるといいね

  • 第2部3巻目
    葛飾北斎と娘お栄も登場し、米相場に絡む悪人をやっつける話であるが、それぞれ北斎には元弟子の悪役用心棒、一方米屋の方には伊織の元剣術の友と、登場人物の配置には事欠かない。しかも今回は2話でこのストーリーが大部分を占める。
    もう一話の方はつけたしか?一部で登場した人物、榊伊作と全小竜、亀甲船と盛りだくさん、しかも江戸から佐渡への道中付き、本来これで一冊は十分過ぎる。極めつけは自作を連想させる終わり方。

  • 9/4

全3件中 1 - 3件を表示

牧秀彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

天空剣の蒼風(かぜ) (光文社時代小説文庫)はこんな本です

天空剣の蒼風(かぜ) (光文社時代小説文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする