オイディプス症候群〈下〉 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.56
  • (6)
  • (12)
  • (12)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 127
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (560ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334745097

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • このミス ベスト10 2003年版10位。1,600枚の大作だけどほとんどが「弁証法」に対する批判的考察とギリシャ神話に関するうんちく。一応、嵐の山荘ものの本格ミステリーだけど、全く頭に入ってこない難解な文書を、延々と目で追い続けるという罰ゲーム的作業でした。京極さんの妖怪や宗教に関する膨大なうんちくなどかわいくものです。巻末の解説も全く意味わからんのだけど少なくとも解説の人は本書の内容を理解してるもよう。このミスの選者も理解できてんのかいな。

  • いや~重厚かつ濃厚な作品でした。現代思想関係の書物は割と読んでいた方なので合間合間の哲学の思考実験は楽しく読めましたが、その手の文章に慣れていない読者は壁へきするかもしれませんね。でも推理ものとしての出来栄えも上々。超人的な探偵ではなく途中で何度も仮説の検証と変更を余儀なくされる論理の流れは読むものを巻き込んでいきます。

  • 推理小説という次元を超えた何かだ。こいつは。

    性犯罪にあった子供の復讐へのもっていき方が特に美しい。もちろん、それだけじゃなくて、イリノイの暗躍とかもいい具合に入り乱れていた。

    十推仙に入りそうで、入らない。

  • 中学生の頃、大好きだった駆シリーズ。
    十年ぶりに販売されたのに気づいておらず、先日ようやく読んだ私。
    男の趣味が変わったのだと痛感しました。
    いわゆるインテリ系の男が好きだった私。
    駆のような細身でクールで賢い男が昔は好きでした。
    でも、時が経つにつれ徐々に趣味が変わっていったのは認めます。
    そして現在の趣味はガチムチマッチョ男子です。
    例えるならば、プロレスラーの蝶野。

    そんな私だからかもしれませんが、駆の魅力に今ひとつ入り込めませんでした。
    駆シリーズを再度、読み直したら違うのかもしれませんが。

  • 硬派な本格ミステリを読むのは実に久しぶりなこともあって、非常に楽しめました。
    周囲から隔絶した孤島を舞台にした連続殺人、ギリシア神話の見立て、など手あかのついたお膳立てではありますが、矢吹駆シリーズならではの思想家(今作はフーコーがモデル)との対決や現象学的推理などは健在です。
    孤島を舞台にしたミステリにしてはサスペンス色は薄めで、目の前で連続殺人が発生しているのに登場人物たちがひたすら冷静に議論を重ねるのは不自然ではないかと思いましたが、これも持ち味なのでしょう。
    複雑極まりないプロットですが、最後の謎解きは綺麗にうまくまとまっていて読後感は不思議とすっきりしています。

  •  No.33「長門有希の100冊」
     上巻のレビューで、謎の日本人青年矢吹駆に注目していると書いてはみたが、期待していたほどの活躍はなく。推理小説にありがちな全員殺されてから、偉そうに謎解きを披露する。

     殺人動機が希薄な推理小説はがっかりするが「長門有希の100冊」 の中では感情移入できるほどに動機はしっかりしている。それについては異論はないのだが、事件を深く掘り下げる講釈には途中、げんなりさせられる。楽しめない部分はそれらがストレートに伝わらないところである。読者は置いてけぼりの感が否めない。

  • ギリシャ神話の勉強になるね

  • ■生きるための議論か、あるいは死ぬためか

    「牛首島」の不思議な建造物・ダイダロス館に集ったのは、ナディア・モガールと矢吹駆を含む十人の男女だった。島を襲った嵐のため、孤立化する島の中で死体が発見される。その死体に施された装飾の意味は?謎が謎を呼ぶ中、次々と殺されていく訪問客…。はたして彼らがここを訪れた真の意味とは!?

    第3回本格ミステリ大賞

  • 矢吹駆シリーズ

    事件の翌朝発見されたマドック博士の遺体。絞殺され転落した遺体の秘密。オイディプス症候群の研究の為に招かれた人々。謎のマリユス・マルボー。島の持ち主アレクザンダー氏の妻イレーネ・ベロニアスの過去と息子ポールの誘拐強姦事件とオイディプス症候群の関係。アメリカのゲイ社会に流行したオイディプス症候群。島の捜索中に水中銃で射殺されたソーニャ・ラーソンとデリンジャー。元刑事ポッツ氏の殺害。ザイールのオイディプス症候群の発生時キャンプを訪れた謎の男女の正体。ニコライ・イリイチ・モルチャノフの暗躍。コンスタンとイリイチの関係と決別。

     2009年12月9日購入

     2011年5月20日読了

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1948年東京生まれ。1979年、デビュー作『バイバイ、エンジェル』で角川小説賞受賞。1998年『本格ミステリの現在』編纂で第51回日本推理作家協会賞受賞。2003年『オイディプス症候群』と『探偵小説論序説』で第3回本格ミステリ大賞小説部門と評論・研究部門を同時受賞。2012年『探偵小説と叙述トリック』で第12回本格ミステリ大賞評論・研究部門を受賞。現象学を駆使する矢吹駆が登場する『サマー・アポカリプス』『哲学者の密室』や伝奇ロマン『ヴァンパイヤー戦争』シリーズなど著作多数。小説のみならず評論においても旺盛な活動を続ける。

「2017年 『転生の魔 私立探偵飛鳥井の事件簿』 で使われていた紹介文から引用しています。」

笠井潔の作品

オイディプス症候群〈下〉 (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする