魚舟・獣舟 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.76
  • (68)
  • (110)
  • (112)
  • (6)
  • (5)
本棚登録 : 732
レビュー : 126
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334745301

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【読了レビュー】時に目を背けたくなるような、しかし実に人間的な狂気に満ちた美しさを、SFとして表した短編集。
    一話一話に独特な世界観があり、短編集としても実に秀逸。ただ、表現したいテーマ自体の存在を認められない人にとっては、酷く目を背けたくなる内容かもしれないと感じた。

  • ちょっと筆が安定しないのが気になるけれども、評価が高くて気になっていた表題作「魚舟・獣舟」は、短編なのによくぞこの世界観を描き切ったと感心した秀作。収録の多作品はこれにはかなり劣る上に、まだ作風が安定してないのか、幼い印象を受けたが、それでもかなり楽しめて読んだし、他の作品も読んでみようと思わせる出来であった。

  • 不思議という他言いようが無い世界観。

  • 先端技術の知識を元に想像力を駆使してそれぞれの話の世界を構築してるのが、説得力あり。
    しっかし、全体的に怖かった…。「くさびらの道」でもぞわっとしましたが、最後の「小鳥の墓」が、特に。
    あまり主人公に同調したらおかしくなりそうなので、半分心を閉じて読みました。
    表題作はあの短さなのに濃かった!続編楽しみです。

  • 『小鳥の墓』が一番好き。ほうっとするように、良い意味で軽く裏切られた。表題作の『魚舟・獣舟』に、攻殻機動隊の草薙素子の言う、ゴーストってこんなものなんじゃないかと漠として感じた。

  • ハードSFっぽい設定も素敵なのですが、ミステリアスなストーリー展開が一気読みさせる力を持っています。なにより、セリフ回しとテンポが抜群に心地良いですね。日本人女流SF作家のすばらしさを教えてくれた短編集です。

  • リリエンタールから華竜、そして本作と発表年代とは全く逆に辿って読むことになったが、最初に本作から読んでいたら、正直、この作品だけでは作者の凄さは分からなかったかもしれず、次を読まなかったかもしれないので、まあ読み方としては結果オーライだった様だ。本作の魚舟の世界観は、短編として語られるだけでは伝わり切らず、やはり長編をまって詳らかやに明かされることになるのだが、この短編を持ってして、あれだけの世界観を予め見通していたとすると、本当に素晴らしい。ただしこの短編を持って獣舟の子放出やヒトゲノムをもつ獣舟の逆進化としての疑似人変性体というガジェットが、長編にも無理に引きずられた感もあり、その結末が長編においても語られきれなかったことについては、無理に世界観を繋げる必要もなかったのではないかと思われる。その他、真菌の話は子供のころ見てトラウマ気味になった名作映画、マタンゴを彷彿させるが、兎に角、人ならざる物に人が変わることについての恐怖感はSFというよりホラーである。火星ダークバラードは随分昔に読んだ覚えがあるが、全く覚えていないので、中編の背景を楽しむために再読したいと思う。

  • 良質なSF。
    短編でこれだけの世界観はスゴイ!
    一話一話の世界観が強いのに打ち消し合わないし、同化もせず被らないで独立していて、すごく残る。
    気持悪いだけの異形ではなく、ある意味美しい異形でインパクト大っていうのは秀逸。

  • 友人からのおすすめ。くさびらの道が怖かった…!文字だからいいが映像だったらトラウマだろうな…

  • 途中でやめてしまった。

全126件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

兵庫県生まれ。2003年『火星ダーク・バラード』で第4回小松左京賞を受賞し、デビュー。2011年『華竜の宮』で第32回日本SF大賞を受賞。同作は「SFが読みたい! 2011年版」国内篇第1位に選ばれ、『魚舟・獣舟』『リリエンタールの末裔』の各表題作、『華竜の宮』の姉妹編『深紅の碑文』と合わせて《Ocean Chronicleシリーズ》と呼ばれ、読者からの熱い支持を集めている。近著に『妖怪探偵・百目』シリーズ、『薫香のカナピウム』など。

魚舟・獣舟 (光文社文庫)のその他の作品

魚舟・獣舟 (光文社文庫) Kindle版 魚舟・獣舟 (光文社文庫) 上田早夕里

上田早夕里の作品

ツイートする