誓いの夏から (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.48
  • (3)
  • (10)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 74
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (399ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334745400

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 話の流れが唐突過ぎてイマイチ乗れなかったかな。お終いまで読めばなんとなく分かるけど、でもそれぞれの心理に納得いかない、というか?(なんでそうなる?)

  • 純愛物語なのか、復讐者なのか、ハードボイルド風でもあり。でも最後まで読むと分かる。一途な愛の物語なのだと。

  • 永瀬隼介の小説を読むのは、この本が初めてでした。
    昔、少年の時に叶わなかった思いを遂げる男が、切々と描かれています。
    ジャーナリストとしても活躍していると言う著者らしく、緻密な物語が展開されます。
    とても切なく、心に残る1冊でした。

  • ラストは少し物足りなかった。
    こんな重大事件。こんな終わり方って。
    高校生の主人公の少年が、恋人にふりかかった殺人事件をきっかけに刑事になる。
    19年後、かつての恋人の前に再び現れて、過去の事件の真相を暴く。
    刑事ものとは一味違う、愛と執念の物語。
    一気にラストまで読んでしまいました。

  • 後味悪い、悲しい話。
    救いがないなぁ…

  • 読みはじめはスピード感があってグングン読めたのですが
    ラスト、消化不良ですー。

    うーん、何だかひたすら悲惨なだけな気がしないでもないです。

  • 2011/7/30
    永瀬さん初読です。そもそもちょっとした手違いで読み始めましたが、ぐいぐい引き込まれて一気読みしてしまいました。それにしても19年は長すぎませんか。そして、この結末は悲しすぎます。

  • 6月-9。3.5点。
    高校時代、守ると約束した彼女が事件に巻き込まれる。守れなかった後悔を抱え、刑事に。19年後、再度巻き込まれた彼女。
    ハードボイルド。天国の扉に似た感じ。

  • 高校生のときに起きた忌まわしい事件。そのとき彼女を守れなかった彼は・・・!
    痛ましいなあ。ああ、あまりにストイックすぎて涙も出ない。
    でもちょっと彼女の気持ちが分らないというか、大人になれなかった少年少女たち、なのかな。

  • ドキドキした。

全11件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1960年、鹿児島県に生まれる。國學院大学卒業。週刊誌記者を経て、1991年に、フリーランスのノンフィクション・ライターとなる。2000年、『サイレント・ボーダー』(文藝春秋)で作家デビュー。以降、警察小説、サスペンスとノンフィクションそれぞれで活動。『19歳 一家四人惨殺犯の告白』『閃光』『刑事の骨』『彷徨う刑事』『カミカゼ』『三日間の相棒』『狙撃』『12月の向日葵』『悔いてのち』『総理に告ぐ』などがある。

「2016年 『毟り合い 六億円強奪事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

誓いの夏から (光文社文庫)のその他の作品

誓いの夏から 単行本 誓いの夏から 永瀬隼介

永瀬隼介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする