ひょうたん (光文社時代小説文庫)

著者 :
  • 光文社
3.69
  • (16)
  • (60)
  • (45)
  • (5)
  • (0)
  • 本棚登録 :329
  • レビュー :47
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334745547

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 宇江佐真理の文書は美しいな。本所の市井の緩やかな空気、そして毎度毎度美味そうな料理の匂いまで伝わってくる。ゆえに腹が減る。鳳来堂には夜な夜な友人達が集まり、酒盛りが始まる。女房はたまにイラっとしつつも、美味い肴を出す。素敵な環境だな。憧れる。何だかんだで家で食う飯が1番美味いもんな。嫁さんってのは、ありがたいもんだ。

  • 通読できたが、ストーリーが平板。
    登場人物にも魅力を感じなかった。

  • 鳳来堂シリーズ一作目。音吉っつぁんとお鈴さんの名物夫婦が、笑わせたりほろりとさせたり。

  • 七輪で料理する食べ物がどれもこれもおいしそう
    いい奥さんです。

  • 雷桜とはまた違った趣。気兼ねなく読めるが、他にも読みたい本が沢山あるので、後回しになりそうな予感。

  • 以前、 図書館で借りて読んだ本が忘れられずに購入。 最後のページが忘れられない。

  • 料理はおいしそうだが登場人物の魅力がいまひとつだった。

  • 「夜鳴きめし屋」の主人公,長五郎の両親の物語.順番で言えばこちらを先に読むべきなのかもしれないが,逆で良かった気もする.あの人情深く,料理上手な長五郎のルーツを見たような気がした.そして色々な縁があって今に至っているのだと感慨深いものがあった.物語も夜鳴きめし屋に劣らず面白かったです.オススメ.

    以下あらすじ(裏表紙より)
    本書五間堀にある古道具屋・鳳来堂。借金をこさえ店を潰しそうになった音松と、将来を誓った手代に捨てられたお鈴の二人が、縁あって所帯をもち、立て直した古道具屋だった。ある日、橋から身を投げようとした男を音松が拾ってきた。親方に盾突いて、男は店を飛び出してきたようなのだが…(表題作)。江戸に息づく人情を巧みな筆致で描く、時代連作集。

  • 読書部課題図書その13

  • おいしそうな食事が毎回出てきて,真似したくなる。

    最後が切ないなあ。
    でもこれはいつもの宇江佐節。

全47件中 1 - 10件を表示

ひょうたん (光文社時代小説文庫)のその他の作品

ひょうたん 単行本 ひょうたん 宇江佐真理
ひょうたん (光文社文庫) Kindle版 ひょうたん (光文社文庫) 宇江佐真理

宇江佐真理の作品

ひょうたん (光文社時代小説文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする