天正十年夏ノ記 (光文社時代小説文庫)

著者 :
  • 光文社
3.33
  • (0)
  • (6)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (345ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334745585

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 公家であり武家伝奏を務めたりした勧修寺晴豊について書いた本です。

    天正十年といえば、天正十年の6/2に起きた本能寺の変が思い出されます。
    そこに至るまで、公家側の立場から織田信長という人物をどう見ていたのかがよく分かります。

    公家というと、本能寺の変には朝廷陰謀説というのも根強くありますが、そこまで陰謀を働かせるということはなく、成す術がなかった、というのは新しい見方だなと思いました。

    ↓ ブログも書いています。
    http://fuji2000.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-c9b4.html

  • 公家側からみた信長の話。
    辛目にみて2点。

    なんか調査報告みたい。
    おもろいけどね。細部がわかって。

  • 上洛から本能寺の変までの織田信長を、武家伝奏の勧修寺晴豊の視点から書いた珍しい本。戦国時代の公家の生活と、彼らから見た信長という人物が新鮮な印象です。また、史実にもしっかりともとづいており、じっくり読めます。

    2010.03.24読了

全3件中 1 - 3件を表示

岳宏一郎の作品

ツイートする
×