シートン(探偵)動物記 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.57
  • (13)
  • (24)
  • (32)
  • (2)
  • (3)
本棚登録 : 197
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334745592

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まさかのシートンさんが本人出演するミステリ。完全にホームズを真似した、一目見て相手の素性を読み解く、という冒頭から、動物の習性を熟知して事件の謎を明かしていく、というシンプルな作り。シートン動物記が読みたくなる。

  • 老人のシートンに取材に行った記者が聞いたのは、若き日のシートンの事件。シートンが観察力に優れているのはすごく納得なので、探偵役にするというアイデアもよいし、面白かった。淡々としている感じも好み。おすすめです。シリーズ化はしてないのかな。

  • 小学生の頃読んだ「シートン動物記」、そのシートン先生が探偵役という設定に引かれて読みました。
    当時一番印象に残った”狼王ロボ”の話が最初にあって、他の作品もそうなんですけど、面白さより懐かしさの方が大きかったですかね。いや、面白くないわけではないですが。
    動物の習性を観察するところから事件の真相に辿り着くという、ミステリーとして微妙な話もありますが、動物好きな方には楽しめる本と思います。

  • 4話目くらいで飽きた、読み進めるのがつらい。ほのぼのミステリ好きにはおすすめなのかもしれない。

  • 図書館で。
    シートン動物記は小学生の頃よく読んだなあ。主に姉が良く借りてきていて。でもロイヤル・アナロスタンは忘れられない(笑)。ウチの半野良でも試してみたいといつも思う。
    ああ、そういえばこんな話だったなあというのを思い起こしつつ楽しく読みました。

  •  実在した歴史上の有名人を探偵に仕立てて、謎解きを繰り広げるのが柳広司の得意分野だ。初期の頃の作品『黄金の灰』ではシュリーマンを、『饗宴』ではソクラテスを、『はじまりの島』ではダーウィンが主人公で謎解きをした。 『ジョーカーゲーム』でブレイクしたから、そこから読み始めた人には馴染みがないかもしれないが、初期の頃から作品を読んでいた自分にはとっては、この有名人探偵シリーズ(いま勝手に名付けた)の系譜を継ぐこの本はとても柳広司らしく感じる。


     本作品に登場するシートンはすでに80歳を迎えた老人。彼を訪ねた若い新聞記者がワトソン役で、かつてシートンが手掛けた事件の数々を聞き書きし、新聞小説として連載しているという構成。


     シートンは警察でも探偵でもないのに、なぜ事件に関わっているかというと、ここで回想されるすべての事件に動物が密接に関わっているから。シートンは動物の生態に詳しい専門家として、警察にアドバイスしたり、実際に調査して、動物の習性から事件の成り行きを推理したりする。


     第一話は狼にかみ殺されたと思われた死体が、実は殺人事件だったという話。推理小説としてはそれほど凝ったものではないが、シートンが実際に書いた『狼王ロボ』という本の内容に言及していて、狼の習性がわかって面白い。必要以上に人間に恐れられたため駆除されてきた狼の運命が哀しい。今の日本の熊とか猪がたどっている運命とダブる。


     この他に、カラスとか、リスとか、スカンクとか、猫とか、グリズリーなどが登場する話がある。
     『シートン動物記』を読んだことがないからはっきりわからないが、たぶんそこから引用したエピソードがたくさん含まれているように思う。読んでなくても面白かったから、読んだことがある人はもっと面白く感じると思う。
     
     とりあえず『狼王ロボ』は読む! 

  • 元ネタがわかる人のほうが面白いかもしれない。

  • 面白い!
    思わず原作(?)のシートン動物記が読みたいです!

  • D機関シリーズや「トーキョー・プリズン」は非常に面白く読んだため、期待値が高かったんだが、それだけに…。

    さすがに「謎解きはディナーのあとで」程とは言わないが、ミステリー好き、動物好きを自任する身として、それぞれの小編をハイクオリティな作品として存分に楽しんだ、とはちょっと言い辛い。
    語り手を務める新聞記者とシートン翁の一連のやりとりも、"お約束"に至るまでに昇華はしておらず、若干スベッている印象だ。

全32件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

一九六七年生まれ。二○○一年『贋作『坊っちゃん』殺人事件』で朝日新人文学賞受賞。○九年『ジョーカー・ゲーム』で吉川英治文学新人賞と日本推理作家協会賞長編及び連作短編部門を受賞。同年刊行の『ダブル・ジョーカー』は、『ジョーカー・ゲーム』に続き二年連続で「このミステリーがすごい!」の二位に選ばれる。主著に「ジョーカーゲーム」シリーズ、『ロマンス』『楽園の蝶』『象は忘れない』などがある。

「2017年 『風神雷神 雷の章』 で使われていた紹介文から引用しています。」

シートン(探偵)動物記 (光文社文庫)のその他の作品

シートン(探偵)動物記 単行本 シートン(探偵)動物記 柳広司

柳広司の作品

シートン(探偵)動物記 (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする