陪審15号法廷 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.67
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334745912

作品紹介・あらすじ

日本でも陪審裁判が行われていた、昭和四年の京都。銀行頭取が殺害され、邸に放火される事件が起きた。被告人である頭取の妻の愛人は、無実を主張。ところが、被告側の有力証人が、衆人環視の法廷で射殺されてしまった!廷内にピストルが持ち込まれた形跡はなく、発射音を聞いた者もいない。どんでん返しに次ぐどんでん返し-著者渾身の異色法廷ミステリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 久しぶりの和久峻三でした。
    この本も、帯の「かつて、日本にも陪審制度があった!」に惹かれて読んだ作品。
    最近陪審について結構興味を持って、本を読んでいるが、実はその仕組みなどのことはまったくわかっていない。
    和久峻三は、もともと法律家で代表作の赤かぶ検事シリーズはかなりたくさん呼んだ記憶がある。
    法廷でのやり取りについては、自身の経験に基づくのだろうが、臨場感のある印象がある。
    今回の陪審15号法廷も、戦前・昭和初期が舞台だが、事実を基にしているのかと思うほど、法廷シーンは臨場感があり、また当時の風習についても、さもありなんの感がある。
    法廷で繰り広げられる、どんでん返しも、最後にまさかここに落ち着くかという、伊がない結末までの展開は、語り口調は古めかしくても、どんどん引き込まれていく。

  • 明治時代の陪審員制度のことを勉強しながら、特異な事件も味わえる小説なのだが、なぜかテンポの良さを感じない。

全2件中 1 - 2件を表示

陪審15号法廷 (光文社文庫)のその他の作品

陪審15号法廷の詳細を見る 単行本 陪審15号法廷 和久峻三

和久峻三の作品

ツイートする