奇想と微笑―太宰治傑作選 (光文社文庫)

著者 :
制作 : 森見 登美彦 
  • 光文社
3.70
  • (45)
  • (88)
  • (77)
  • (10)
  • (5)
本棚登録 : 1215
レビュー : 83
  • Amazon.co.jp ・本 (447ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334746926

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 太宰治、結構可愛い人なのかと思った。服装に付いてとか。
    犬に付いてとか。

  • 森見さんの太宰さんに対する愛情が伝わってくる一冊。そして、ひとつひとつが本当に面白い。本当に。笑ってしまう。そしてとてもお腹いっぱいになる。読んでよかったと心底思う。巻末の解説も好きだ。

  • 太宰治には正直あまり興味がなかったのだけど…森見登美彦が関わっている本として興味を持って読んでみました。

    私は太宰は「人間失格」と「走れメロス」くらいしか知らなくて、特に「人間失格」のイメージが強すぎてものすごく暗い鬱な話を書くイメージしかなかったので敬遠していました。
    でも、この本に集められた作品はどこか滑稽な、愉快な、そして不思議な雰囲気の話が多くて、太宰ってこんなのも書いてるんだー!と目からウロコが落ちました。
    森見登美彦が選んだ作品か、うん、納得!(笑)って感じでした。
    大トリに「走れメロス」をもってくるあたりはやはり森見!(笑)

    全部太宰の作品なんですけど、森見の作品を読んでいる気分になることも度々ありましたねー、やっぱり影響を受けているのかなぁ、と思いました。
    これはちょっと…というのも正直いくつかあったけれど、面白い作品がいっぱいでした。
    文庫だけど、私にとってはボリュームがあって読みごたえ抜群でした。

    まぁ、なんといっても編者・森見登美彦の編集後記がとてもよかったですよね(笑)

    だいぶ読み進んでから図書館で太宰の本がずらりと並んでいるところを見つけたのですが、その中に『正義と微笑』というものがあって、タイトルはここからとっているんだ~!!と感心しました。

  • 2012.11.05 読了

    太宰って素晴らしいなと素直に思った。
    このリズム感は天才の成せる技というかなんというか。
    真似できない。

  • 愉快な太宰は初めて読んだかもしれない。

    ただ、例え愉快とはいえ、19編連続太宰は流石に疲れる…。

  • 森見登美彦さんの編集ということで読んでみました。太宰治さんはほんとにとっつきにくくて困る。
    面白い作品とあんまり興味をひかれない作品が極端に分かれるなあと思った。失敗炎、カチカチ山、貨幣、令嬢アユみたいな初心者向けのは私でも面白く読めました。
    入口ひろくどんどん上級者向けになっていくあたりがなんかすごく森見さんらしい。
    猿面冠者なんかは、森見さんのあの作品はこれからインスピレーションを得たのかな?と思ったり。黄村先生も面白かった。ロマネスクは三つ目が面白かった。犬が好きなので畜犬談は太宰先生のあざとさを感じました。

  • わりと読んだことあるやつばかりだったけど、改めて読むと面白かった。ヘンテコで愉快なものを集めたというだけあって、面白いチョイスだ。

  • モリミーのチョイス。笑
    太宰は重たいのばかり有名だけど、面白可笑しくポップでへんてこな作品が好き♡なのでこのモリミーの選んだ作品集はどんぴしゃり!"紙幣"すき。

  • 森見登美彦の源流をたどれば太宰治にたどりつくのかもしれない。そう思わされる太宰治の短編集。

  • 人間的に失格な話ばかりかと思っていたけど、
    面白くてへんてこな話もたくさん書いていたんだなあ
    親子どんぶり、親子どんぶり

全83件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

1909年6月、青森県生れ。学生時代から小説の創作を始める。東大仏文科入学を機に上京。在学中に非合法運動に従事するもやがて転向し、以降、本格的な執筆活動を開始する。1935年に「逆行」が第1回芥川賞の次席となり、翌年、第一創作集『晩年』を刊行。1939年に結婚し、「富嶽百景」や「女生徒」、「走れメロス」などを発表。戦後には『斜陽』がベストセラーとなり、流行作家となる。「人間失格」を発表した1948年の6月に、玉川上水で入水自殺。織田作之助、坂口安吾らと共に「新戯作派」「無頼派」と呼ばれた。

「2019年 『太宰治 女性小説セレクション 誰も知らぬ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

太宰治の作品

ツイートする