奇想と微笑―太宰治傑作選 (光文社文庫)

著者 :
制作 : 森見 登美彦 
  • 光文社
3.70
  • (45)
  • (88)
  • (77)
  • (10)
  • (5)
本棚登録 : 1215
レビュー : 83
  • Amazon.co.jp ・本 (447ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334746926

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これはオモチロイ!!

    あんまり面白いので、日本酒をおちょこで飲むように、1日1篇ずつちびちびと読み進めました。

    各短篇ごとに、森見氏が解説(というよりこの作品への思い入れや感想)を書いているのがまた最高です。

    兼ねてから、「電気ブラン」を持ち出したり、ダメ大学生をおどけてかく様子にモリミーが太宰氏からなみなみならぬ影響を受けているのではないかと思っていたのですが、本作をよんで、その想像が誤っていないことが確かめられました。

    特に彼のエッセイのような作品が自虐的で読みながらにやにやしてしまうくらい楽しめるということは新たな発見でした。

    それから、井伏鱒二全集に寄せる解説まで収められているのですが、その解説中に、井伏氏にまつわる逸話がたくさん掲載されていて、彼の井伏作品への愛に満ちあふれていて、ほんわかとした心持ちになれます。

    いつも読み手のことを強烈に意識し、楽しませようと必死な太宰氏は当時の優れたエンターテイメント作家だったのではないでしょうか。

    太宰さんは暗いから苦手だけどモリミーは好き!って方には、ぜひとも敬遠せず読んでいただきたいです。

    《所持》

  • 太宰治という人間に惚れる!

  • 太宰治ブームに間に合って良かった!!
    こんな太宰知らなかったよ・・
    モリミーが影響されている感じがあって、相当面白かったです。
    こんな面白小説書けるなんて、アンタ失格なんかじゃないよ!!!
    と、力をこめて言いたひ。
    担当権力を利用して、太宰コーナーにそっと積んじゃいました☆

  • 中学校の国語の時間。「走れメロス」の音読テープに耳をふさいだ森見少年は、その後、くっついたり離れたりを繰り返しながらも、太宰の世界に惹かれていった――。←この説明文を見て、てっきり「走れメロス」は入ってないものだと思っていたがしっかり入っていて笑った。そして編集後記を読んで納得。最後まで読むと確かに「太宰治なんて『走れメロス』と『生まれてきてすいません』の人でしょ?」の印象から少し抜け出せた。

  • 購入:2009/12/1、読了:2010/5/31

  • 2009.11.30読了。

  • 森見で太宰という私的最強コンボ。
    畜犬談を入れてくれたのが嬉しい。

全83件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

1909年6月、青森県生れ。学生時代から小説の創作を始める。東大仏文科入学を機に上京。在学中に非合法運動に従事するもやがて転向し、以降、本格的な執筆活動を開始する。1935年に「逆行」が第1回芥川賞の次席となり、翌年、第一創作集『晩年』を刊行。1939年に結婚し、「富嶽百景」や「女生徒」、「走れメロス」などを発表。戦後には『斜陽』がベストセラーとなり、流行作家となる。「人間失格」を発表した1948年の6月に、玉川上水で入水自殺。織田作之助、坂口安吾らと共に「新戯作派」「無頼派」と呼ばれた。

「2019年 『太宰治 女性小説セレクション 誰も知らぬ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

太宰治の作品

ツイートする