北アルプスから来た刑事 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
2.67
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (497ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334746957

作品紹介・あらすじ

常念岳で発見された死体の背に残された登山靴の跡は、それが他殺であることを意味していた。被害者の身元と登山靴の持ち主を追って、東京に飛んだ道原刑事は、世田谷で起きた一家殺害事件との接点を掴んだ!「悲劇の家」の周囲で次々に起きる事件の向こうに浮かぶ犯人の影。刑事たちの執念の捜査を描いて、フィクションを超えた感動を与える、著者渾身の長編推理。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 印象がイマイチ薄い。

  • 道原伝吉シリーズの山岳ミステリーではあるが、山岳物ということもない。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1933年長野県生まれ。80年『九月の渓で』で第3回エンターテイメント小説大賞受賞。長年の登山経験を活かした山岳ミステリーや、都会人の複雑な人間模様を主題にした作品に定評がある。『百名山殺人事件』『白神山地殺人事件』等著書多数。

「2020年 『人情刑事・道原伝吉 松本-鹿児島殺人連鎖』 で使われていた紹介文から引用しています。」

梓林太郎の作品

北アルプスから来た刑事 (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする