ZOKUDAM (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.07
  • (15)
  • (24)
  • (78)
  • (27)
  • (8)
本棚登録 : 537
レビュー : 47
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334747091

作品紹介・あらすじ

「この赤い方が、ゾクダム・一号機、通称、赤い稲妻だ」黒古葉博士が指さした先には全長十二メートルの巨大ロボットが!遊園地の地下にあるZOKUDAMに配属されたロミ・品川とケン・十河の任務は、このロボットに乗り込み戦士として怪獣と戦うことらしいのだが…。この様子を密かに窺う男女の姿が。対抗組織TAIGONの揖斐純弥と永良野乃の二人だった。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ZOKUシリーズ第二弾前回のシリーズとは悪役とヒーロー役が攻守交代。今回は巨大ロボットを中心に進む。しかし、最後まで直接対決はしないので物足りない。

  • 巨大ロボ、ZOKUDAMに搭乗し怪獣を撃退せよ。上司を殴って転勤になったロミ・品川に与えられた任務はそれだった。相棒のケン・十河とともに日々ロボットのマニュアルを読む毎日。
    おそらく時系列ではZOKU よりも前の話。

  • 常に予想の斜め上を行くロボットSF。
    ある意味でリアルな世界。ロボットの移動もバラしてトラックで運んで組み立てる方が効率的というリアルさ。
    そして政治的に戦いの時期と場所も決まる。
    何ともいえない軽快さと適当さがある小説。

  • Zシリーズ、第二作。簡単にいうと、○ンダムの操縦訓練から出撃までの物語。最後の決戦は描かれず、ちょっと消化不良な感じ・・^^; でも、まあ楽しめました!

  • ファンタジーの世界に入り込みたいあなたに現実を。ガンダムなんてありえんのですよ。

  • 思ったより軽快すぎて、肩透かしを食らった感がある。しかしこうした軽さも計算されて書かれたのだと思うと、やはりこれも感心してしまう作品だ。

  • 戦隊もの?

  • ロボット。
    ロミさん、年齢のこと気にしすぎです。
    たまには気楽に読める小説もいいですね。

  • まぁ要するに○ンダムですよ、ええ。
    前作と登場人物は一緒ですが、いろいろ設定が違うみたいです。
    ロミ・品川さんこんなに素敵なのになぁ。

  • 全力でふざけながら、一生懸命適当に書いたような作品。
    著者が森氏でなければ途中で読むのを止めたかも知れませんが、何となくの期待感で最後まで読んでしまった。
    人気と実力があれば何をやっても許されるという良い例ですね。

全47件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

森 博嗣(もり ひろし)
1957年、愛知県生まれ。作家、元研究者。名古屋大学工学部建築学科、同大学大学院修士課程修了を経て、三重大学工学部助手、名古屋大学助教授。名古屋大学で工学博士を取得し、2005年退職。学会で数々の受賞歴がある。
作家として、1996年に『すべてがFになる』で第1回メフィスト賞を受賞し、同作で作家デビュー。S&Mシリーズとして代表作の一つに。『スカイ・クロラ』シリーズは本人も認める代表作で、2008年アニメ映画化された。その他にも非常に多くの著作がある。

ZOKUDAM (光文社文庫)のその他の作品

ZOKUDAM 単行本 ZOKUDAM 森博嗣

森博嗣の作品

ZOKUDAM (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする