密室キングダム (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.33
  • (1)
  • (5)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 92
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (1240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334747107

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 1240頁の大長編で、5つの密室が登場する。1つ目の密室は演出も凝っており、ギミックも目新しい。傑作を漂わせる船出だったが、その後の通過点は物足りなさを感じてしまった。淡々とした描写の著者だけに、これだけの分量を読んでも、後の印象は薄くなってしまいそうだ。

  • コミュニティ政策学科 3年生の方からご推薦いただきました。

    長くて読むのは大変だが、犯人の正体と伏線に驚いた。強引なところはあるが、読み応えと意外性には申し分ない。ミステリー好きには勧めます。

    資料ID:C0036552
    配架場所:本館2F文庫書架

  • 文庫で1200ページ超。普通なら分冊だろうという長さ。
    でも、長い割にダレることもなかったが、かといって「読み出したら止まらない!」という吸引力もなし。
    密室のトリックは、「おおっ!」と思うところもあったが、それより、ガラス粉砕の謎など、捜査側の心理を操るテクニックの方が面白かった。

    ただ…なぜだろう、これだけ長いものを読み通したのに、ワクワクした感覚はほとんどないまま。登場人物の心情を、文字で説明してしまうところが、もうひとつ惹きつけられない原因?
    トリックを駆使したミステリーとしては素晴らしいのかもしれないが、自分はどうしても物語として読んでしまうので、星3つ。

  • いきなりの三重密室。更に続く密室のオンパレード。タイトルにふさわしい重厚な本格派だ。

    特に興味深いのは密室謎を解くということが探偵及び警察のミスリードに繋がるという設定。機械的に謎を解けば終わりというものではなく、その密室を解かせた理由や人の内部に及ぶ影響まで考えなくてはいけない。これは非常に新しい試みでは??

    ただし、三つ子の設定は嫌だな。
    伏線は貼ってるから卑怯とは言わないが…

  • 昭和最後の夏に、札幌で起きた密室連続殺人事件。それは、伝説的な奇術師・吝一郎の復帰公演が発端だった。吝家を覆う殺意の霧の中に浮かぶ忌まわしき宿縁―。妖艶にして華麗、絢爛という言葉さえ似合う不可能犯罪の連鎖に、若き推理の天才・南美希風が挑む。瞠目せよ!そして驚愕せよ!奇跡を現出して、読者を魅了する本格の旗手が放つ渾身の巨編千八百枚。

  • 周り(特に姉)が、色眼鏡のせいか主人公を持ち上げる点が読んでいて少々不快でした。

  • 第1の密室
     「壇上のメフィスト」吝一郎の死。マッジックの途中、棺桶の中で杭を打たれた吝。3重密室の謎。

    第2の密室
     吝家のかつての使用人の死。はなれの茶室での密室。先代亥四郎の残した奇妙な遺言。引きずられた被害者。丸い形の足跡。

    第3の密室
    図書室の密室。扉の前に警察官の遺体。燃やされ屋敷の設計図。破られた時に閉められた隠し通路の扉。行き止まりの通路で発見された殴打された人物。

    第4の密室
    犯人の共犯者と思われる人物の殺害。鍵の穴から見えた仮面をつけた不審人物。足を縛られ手に手錠をかけた被害者。

    第5の密室
    追い詰められた犯人が消えた。突然の停電。暖炉で顔を焼かれた男。

     2010年1月21日購入

     2010年2月6日読了

  • 2010/1/16 メトロ書店御影クラッセ店にて購入

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1959年北海道生まれ。公募アンソロジー『本格推理』への参加を経て、98年『3000年の密室』でデビュー。主な著書に『アリア系銀河鉄道』『凍るタナトス』『シクラメンと、見えない密室』『ゴーレムの檻』『密室キングダム』『天才・龍之介がゆく』シリーズなど多数。(2011年12月3日現在)

「2013年 『システィーナ・スカル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柄刀一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
麻耶 雄嵩
麻耶 雄嵩
有効な右矢印 無効な右矢印

密室キングダム (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×