リインカーネイション―恋愛輪廻 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.00
  • (1)
  • (2)
  • (10)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 41
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334747299

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 4つの恋愛短編集で、それぞれのタイトルが素敵。
    ・逢いたかった人は、幸せじゃなかった
    ・愛してたことは、偽りじゃなかった
    ・愛し合ったのは、過ちじゃなかった
    ・巡り逢ったことは、偶然じゃなかった

    どの話も、とても良く出来てるなぁと感心した。
    いささかドラマチック過ぎかとも思える展開も、
    作者が人気漫画の原作者であるということで納得だ。
    『金田一少年の事件簿』『サイコメトラーEIJI』等の作者の天樹征丸が、
    本名で発表した恋愛小説で、今後もこの作者の作品は読みたいと思った。

  •  タイトルと帯の「ヒット作多数の漫画原作者が・・・」というところに惹かれて購入。

     読後随分と経ってしまって、内容を詳しく覚えていないので・・・とりあえず読了の記録に留める。評価は当時の読後感を思い出しつつ記す。

  • ブラッディ・マンデイ、金田一少年の事件簿、神の雫の原作者の小説。

  • 最初の『逢いたかった人は、幸せじゃなかった』が一番好き。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1987年講談社に入社し、『週刊少年マガジン』編集部で編集に携わる。編集者時代の担当作品には『MMR』『シュート!』『GTO』など。また『金田一少年の事件簿』の編集を担当していたが、後に原作も手がける。1999年講談社を退社。いくつかのペンネームを用いて作家活動中である。天樹征丸名義で、漫画原作『金田一少年の事件簿』『リモート』サイコミテスリー小説『東京ゲンジ物語』、亜樹 直で漫画原作『神の雫』、安童夕馬で漫画原作『サイコメトラーEIJI』『シバトラ』、青樹佑夜で『Getbackers-奪還屋-』、本名の樹林 伸で『ビット・トレーダー』『陽の鳥』などの小説を発表している。また、2009年8月に公演された市川海老蔵主演の歌舞伎『石川五右衛門』の原作も手がけ話題を呼んだ。
DEENの2012年8月発売アルバム「マリアージュ」に4曲作詞で参加。2013年4月、クールジャパン推進会議ポップカルチャーに関する分科会の一員に選ばれる。2014年1月からスタートした、漫画配信サイト『マンガボックス』(DeNA)の編集長も務めており、200万ダウンロードを記録した。

「2014年 『冬を越せるキリギリス 好きなことだけ続ける仕事術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

リインカーネイション―恋愛輪廻 (光文社文庫)のその他の作品

樹林伸の作品

ツイートする