九月の渓で (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334747619

作品紹介・あらすじ

単独行にも馴れた鵜ノ木は、横尾山荘で知り合った青年と蝶ヶ岳を目指したが、天候が急変し、二人は遭難する。救助を求めて、別行動をとった二人の明暗を分けたものは何か?(表題作)。ほかに、男との過去を抹殺するためにナイフを握った女の哀切を描く「月光の岩稜」など、事件の真相に迫って、人生の深淵を描く著者が自ら選んだ珠玉の六編。作家生活三十周年記念企画。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 12/09/26 登った山がでてくると、イメージが膨らむ。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1933年長野県生まれ。80年『九月の渓で』で第3回エンターテイメント小説大賞受賞。長年の登山経験を活かした山岳ミステリーや、都会人の複雑な人間模様を主題にした作品に定評がある。『百名山殺人事件』『白神山地殺人事件』等著書多数。

「2019年 『黒白の起点 飛騨高山殺意の交差』 で使われていた紹介文から引用しています。」

梓林太郎の作品

九月の渓で (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする