犯罪ホロスコープ〈1〉六人の女王の問題 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.48
  • (5)
  • (18)
  • (23)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :148
  • レビュー :18
  • Amazon.co.jp ・本 (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334748098

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 星座にまつわる事件の短編集。どれもよく練られていて、読み応えあり。
    この方は読者ミスリードするのが本当に上手い。

  • 黄道十二星座にまつわる神話が事件と上手く絡めて使われてて読み解くのが楽しい。『ゼウスの息子たち』のミスリードにまんまと引っかかり、『ヒュドラ第十の首』では消去法からの意外な犯人の提示にやられた。2巻も早く読みたい

  • 容疑者Xの献身だったかにでていた問題を法月さんが解いたのもわかる、ような内容。
    ギリシャネタをしらないとむずかしいかなー。
    論理的すぎて?わたしにはそこまでは楽しめなかった。
    タイトルの作品も元ネタ知らないと解けない。

  • 星座のモチーフという縛りがあり、大まかな流れは統一させていながらも、それぞれの短編に趣向が凝らされている作者の苦心が窺える傑作群。「ゼウスの息子たち」は一つのネタを上手くカモフラージュして、それによって犯人まであぶり出す構成が見事。「冥府に囚われた娘」は最後まで油断ならない展開が続き、ある種の痛快さとシリーズ特有のほのかな苦味を与えてくれる。

  • 頑張って考えたなあって感じ。設定ありきで話を作ってるから無理がありすぎて楽しめませんでした。
    初めに書いただけあって双子座はおもしろい。他のには一切心惹かれませんでした。名前ネタは嫌いです。

  • [牡羊座]「ギリシャ羊の秘密」
    [牡牛座]「六人の女王の問題」
    [双子座]「ゼウスの息子たち」
    [蟹座]「ヒュドラ第十の首」
    [獅子座]「鏡の中のライオン」
    [乙女座]「冥府に囚われた娘」

  • 法月綸太郎シリーズ短編集。
    牡羊座〜乙女座モチーフの作品群。

    双子座の話だけ別で読んだことありました。

    ちょっと無理があるのではないと思ったものもありましたが(牡羊座とか)概ね面白かったです。
    読んでいると、法月さん仕事しろと言いたくなってきます。
    枚数の決まっている短編だから仕方がないのかもしれないけど。
    最初に削られそうだからなあ。

  • 『【牡羊座】 ギリシア羊の秘密』
    ホームレスの生活に潜入取材を行っていた飯田才蔵が世話になっていたアリョーシャと呼ばれるホームレスが刺殺される。現場にいた才蔵も何者かに殴られ気を失う。アリョーシャが持っていたブックカバー。アリョーシャの過去。持ち去られたジャケットの謎。

    『【牡牛座】 六人の女王の問題』
    ライター・虻原サトルが残した自殺の予告と思われる原稿。かつて同じ劇団に所属していた赤星剛四郎のマンションでの転落死。呑めないはずのお酒を飲んでの転落。劇団時代に書いたシナリオをめぐっての対立。赤星と女優をめぐっても対立していた虻原。シナリオに登場する6人の女戦士の謎。

    『【双子座】 ゼウスの息子たち』
    カンズメのためにリゾートホテルにやってきた綸太郎。レストランのシェフ里中はフランス帰りで話題のホテル。レストランで因縁をふかっける箕面。恐喝屋の箕面。双子同士で結婚した藤堂オーナー。弟、妹カップルの事故死。夜中の会談中に発見された箕面の遺体。里中シェフが話す入れ替わりの可能性。

    『【蟹座】 ヒュドラ大十の首』
    殺害された蟹江六郎。自殺した妹のアパートにそのまま住み続けていた蟹江。妹の自殺の原因となった男を探し復讐をしようとしての返り討か?3人の「ヒラドノブユキ」。残された5枚のゴム手袋。

    『【獅子座】 鏡の中のライオン』
    殺害された女優・仙道美也子。美也子が主演で映像化される予定の台本の作者・滝本佳樹。滝本の家で発見された美也子のピアスの片割れ。美也子の地位に似つかわしくない安いピアス。

    『【乙女座】 冥府に囚われた娘』
    水中毒で入院している北条志穂。意識が戻らない彼女から送られたメール。彼女の看病をしている母親の麦子の冷たい反応。ダイエットのためにMDMAを使用していた可能性のある志穂。殺害された志穂の同級生・小山田。MDMAを志穂に渡した人物は?

  • 12の星座にまつわる物語(のうちこの本では6つ)をモチーフにした謎解きミステリの短編集。
    それぞれの話がコンパクトにまとまってます。どれもちょっと言葉遊びに凝り過ぎだろう、という気がしなくもありませんが(笑)まぁ、本格ミステリ短編集なのでご愛敬。そして、この作者はホント、クイーン親子が好きなんだなぁと思いました。

  • 星座をモチーフにした謎解きミステリの短編集。この本は前半で、牡羊座から乙女座までを収録しています。
    魅力的なテーマの作品ですが、本格ミステリとしては全体的に小粒な感じです。
    やや無理のある設定の作品もありますが、このはちゃめちゃな感じは嫌いじゃありません。

全18件中 1 - 10件を表示

犯罪ホロスコープ〈1〉六人の女王の問題 (光文社文庫)のその他の作品

法月綸太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
法月 綸太郎
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

犯罪ホロスコープ〈1〉六人の女王の問題 (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする