遺品 (光文社文庫)

著者 : 若竹七海
  • 光文社 (2010年8月10日発売)
2.98
  • (1)
  • (10)
  • (29)
  • (7)
  • (3)
  • 本棚登録 :148
  • レビュー :21
  • Amazon.co.jp ・本 (395ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334748326

作品紹介・あらすじ

失業中の学芸員のわたしに、金沢のホテルの仕事が舞い込んだ。伝説的女優にして作家の曾根繭子が最後の時を過ごし、自殺した場所。彼女のパトロンだったホテルの創業者は、繭子にまつわる膨大なコレクションを遺していた。その整理を進めるわたしは、彼の歪んだ情熱に狂気じみたものを感じていく。やがて起こる数々の怪異。繭子の呪い?それとも…。長編ホラー。

遺品 (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自殺した往年の女優の遺品を展示して旅館を盛り返そうという
    話に乗って、失業中のわたしは、数々の謎の出来事と
    数々の事件に巻き込まれていく。

    果たして真実は、そしてわたしが行き着いた先は。

  • 【あらすじ】
    失業中の学芸員のわたしに、金沢のホテルの仕事が舞い込んだ。伝説的女優にして作家の曾根繭子が最後の時を過ごし、自殺した場所。彼女のパトロンだったホテルの創業者は、繭子にまつわる膨大なコレクションを遺していた。その整理を進めるわたしは、彼の歪んだ情熱に狂気じみたものを感じていく。やがて起こる数々の怪異。繭子の呪い?それとも…。長編ホラー。

    【感想】

  • 女優で作家の曾根繭子のコレクションを整理するために雇われた、私。私が来てから次々と起こる怪異。おどろおどろしいホラーではなく、なんとなくゾッとする、ミステリ調。私好みのホラー!

  • ずっと読んでみたかったのだが、ようやく読めた。(ホラーだけど。)

    冒頭から不吉な予感はしたがやっぱりか!!!という展開だったけど、まあおもしろかった。
    ラストはちょっと後味悪い。

  • 終盤の展開は驚きの連続でした。ホラー小説らしく、ぞっとするような描写があり、最後まで飽きずに読めました。ラストの部分を読むと、主人公はやはり繭子に憑かれていたのかな~と思えます。終わり方もホラー映画のような後味の悪さで個人的には好きです。

  • しがない博物館司書が大学時代の同級生に頼まれて、地方の老舗高級旅館の資料を整理することに。その整理の品は一世風靡した今は亡き女優の縁の品。当主が集めていたのだ。膨大な数の資料を前に主人公はモクモクと整理していくのだが、旅館の周りで奇怪なことが起こりだして…。
    この人の作品は、ラストが何故そうなっちゃうの?と理不尽とまではいかないまでも『やるせなさ』感が強い。この作品もそう。ホラーだからか、結局逃れられない恐怖が来る。

  • なんでこのタイトルこの表紙でホラーなの・・・orz

  • 私はクラッシックホテルが好きなので、そこを職場として学芸員の職を得ることができた主人公がちょっとうらやましい。
    若くして死んだ女優兼作家のパトロンであり、熱心なコレクターだった先代オーナーの遺品である収集品を整理する、という目的で学芸員として雇われた主人公。
    学芸員の仕事もなかなか興味深かったし、途中は面白かったけど、ラストで台無しなので☆2つ。

  • 失業中の学芸員のわたしに金沢のホテルの仕事が舞い込んだ。伝説的女優にして作家の曾根繭子が最後の時を過ごし、自殺した場所。彼女のパトロンだったホテルの創業者は、繭子にまつわる膨大なコレクションを遺していた。その整理を進めるわたしは、彼の歪んだ情熱に狂気じみたものを感じていく。やがて起こる数々の怪異。繭子の呪いか、それとも…。

  • ホラーといえばホラーなのかも。作者のいつもの作風と違っているかと期待しながら読んだが、正直おんなじ感じ。正直怖さが感じられない。偏執狂を描くのも、三津田信三さんあたりならもっともっと気持ち悪く怖く書けるだろうにと思ってしまった。

全21件中 1 - 10件を表示

遺品 (光文社文庫)のその他の作品

遺品 (角川ホラー文庫) Kindle版 遺品 (角川ホラー文庫) 若竹七海
遺品 (角川ホラー文庫) 文庫 遺品 (角川ホラー文庫) 若竹七海

若竹七海の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

遺品 (光文社文庫)はこんな本です

ツイートする