なぜ絵版師に頼まなかったのか (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.28
  • (6)
  • (22)
  • (48)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 228
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・本 (289ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334748531

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 明治初期の、お雇い外国人・ベルツを題材にした物語。
    連作短編ですが、狂言回しは一人の少年。

    その少年の13歳から23歳までの約10年を追いかけた、
    当時の世俗をネタにしたミステリーとなっています。

    さすがにベルツの性格などは後付けと思いますが、
    江戸から明治へと移りゆく様子が垣間見えるのも、面白く。

    ラスト、続きがあるような終わり方ですが、、
    それが書かれることは永久にないのが、なんとも残念です。

  • 各章のタイトルは著名ミステリのもじりということだったので、ちょっと調べてみました。

    1.『なぜ、エヴァンズに頼まなかったのか? 』 アガサ・クリスティ
    2.『九マイルは遠すぎる』 ハリイ・ケメルマン
    3.『人形はなぜ殺される』 高木彬光
    4.『白昼夢』 江戸川乱歩
    5.『羊たちの沈黙』 トマス ハリス

    1.と2.と5.は調べるまでもありませんでしたが、3.と4.は知らない作品でした。(4.はちょっと苦しいので間違っているかも)

    昔、『エイリアン通り』という漫画(成田美名子 作)を読んだとき、章題が映画のもじりだと気がついて、躍起になって元ネタを調べたことを思い出しました。

  • 明治時代、いいなぁ。実在の人物に重ねて物語を紡ぐなんて、すごく自由な発想。そんで、面白い。面白いよ。

  • 〇 概要
     明治政府に招かれた雇われ外国人の一人,エルウィン・フォン・ベルツのもとで給仕として働き始めた葛城冬馬の成長と,冬馬とベルツが遭遇した事件が描かれた短編ミステリ。

    〇 総合評価 ★★★☆☆
     小説巧者の北森鴻らしく,5つの短編のそれぞれが,史実と虚構をおりまぜ,読み応えのある作品になっている。ミステリとしては,それほど完成度が高くないが,ベルツを始めとしたお抱え外国人たちは個性的。各作品で名前を変える市川歌之丞も非常に魅力的なキャラクターとして描かれている。主人公の葛城冬馬も十分魅力的。なにより,史実がうまく虚構に織り交ぜられており,ある程度の日本史の知識があれば,聞いたことがある歴史的事実,偉人(ビゴー,フェノロサ,岩倉具視,井上馨など)が出ており,これも結構楽しい。最後の終わり方が唐突なのが残念。葛城冬馬が主人公の描かれていない話があるのかもしれない。全体を通じた趣向が用意されていたのかもしれない。傑作というほどの作品ではないが,北森鴻らしい安定した作品。

    〇 なぜ絵版師に頼まなかったのか
     ベルツと冬馬の出会いとなる作品。ここで,シリーズを通じ,名前と職業を変えながら出てくる市川歌之丞とも出会うことになる。「なぜ絵版師に頼まなかったのか」という言葉を残して,殺人をし,自殺した水夫。その真相を探る。真相は,外国人に復讐をするために,水夫が一緒に写真を撮った「コレラ」であるとウソをついて,そのウソが発端となって,恐怖を感じ,殺人と自殺をしたというもの。不平等条約の存在が背後にある。

    〇 九杯目は多すぎる
     求婚広告に秘められた謎がテーマとなる作品。お雇い外国人のフェノロサが登場する。市川歌之丞は市川扇翁という名で,古美術商として登場している。真相は,海外に,日本の「地図」を運び出すために,求婚広告は利用されていた。しかし,その地図は偽の地図だった。フェノロサは,地図が運び出されているという事実だけを見て,日本が近いうちに外国に侵略されると考え,美術品を海外に運び出していたというオチ。

    〇 人形はなぜ生かされる
     市川扇翁は小山田奇妙斎という名前で登場。れおな堂多弁児という人形作家が作った人形が,町を徘徊するという謎が描かれる。真相は,人形のモデルとなった人間を,人形のように見せかけ徘徊させていたというもの。動機は,れおな堂が自分の子供に見せかけた人形を殺害し,徴兵逃れをしようとしていたというもの。背景には,日本の徴兵制度が変わったことがあった。

    〇 紅葉夢
     小山田奇妙斎は鵬凛という住職として登場。お抱え外国人としては,ビゴーが登場する。小梅という芸妓が殺害される。真相は,おたかという芸妓。外務卿の井上馨の結核の薬を毒にすり替えておき,小梅に飲ませたという真相。井上馨の部屋に毒があったことが広まるのを恐れた紅葉館のマダムが死体の場所を変えたことにより,おたかにはアリバイができたというもの。ビゴーが犯行現場を見事な絵で再現したことで真相が分かった。

    〇 執事たちの沈黙
     お抱え外国人としてはスクリバが登場。鵬凛は,仮名垣魯人という名で登場し,作中で葛城頓馬と名を変える。東京大学内で火災が発生し,謎の死体が見つかる。洋装に下駄をはいていたこの死体の正体は誰かという謎。真相は死体がどこかに忍びこもうとしていたと見せかけたかったというもの。東大に遺棄したのは正確に解剖してもらうため。謎の死体は,森有礼の家の執事であり,密偵だった男で,正体がばれ殺害されていたのだ。物語の最後は,葛城頓馬が語る。その口調は,葛城冬馬が死んでしまったかのような口調であった。

  • 短編連作。
    時は明治初期、とある事情から外国人講師の助手になった男の子が、色々な事件に巻き込まれて、解決していくお話。
    まあまあ

  • 題名に惹かれて読みました。
    表題作以外にも、にやりとしたくなる題名のものもあります。

  • 北森氏の作品の中では冬狐堂シリーズや、蓮杖那智シリーズが好きなので、本書のようにライトなユーモアミステリー系はあまり好みではなかったです。
    またこの時代の歴史に造詣がないため、史実との関係も楽しめませんでした。
    数少ない未読作品だったのに、少し残念です。

  • 明治時代、東京大學医学部教授のベルツ宅で働く少年・葛城冬馬が、ベルツと共に事件の謎を解決していく。
    史実の人物や出来事が軽妙に織り込まれており、冬馬の成長と共に、急速に西洋の文明を取り入れていく時代の変化が描かれる。
    そして、その成長が大きな伏線ともなっている。

    個々の事件は、史実と絶妙に絡んでいて面白い。
    表題作の「なぜ絵版師に頼まなかったのか」が一番よかったかな。

  • 犯行動機が時代の転換機特有でおもしろかった。明治維新の波に乗れた人そうじゃなかった人、鬱屈があるんだなと。

  • 実在の人がいろいろ出てきて面白い。打ち掛けをガウンにしているベルツ先生が素敵w

全28件中 1 - 10件を表示

なぜ絵版師に頼まなかったのか (光文社文庫)のその他の作品

北森鴻の作品

なぜ絵版師に頼まなかったのか (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする