長崎駅殺人事件―駅シリーズ (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.56
  • (2)
  • (5)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 54
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334748999

作品紹介・あらすじ

イギリスの流行作家V・ヘイズが、日本人妻を伴い来日することになった。ところが、ある国際的テロ組織が警視庁に脅迫状を送りつけてきた。「来日したら夫妻を殺す」というのだ。警告を無視するヘイズのため、十津川警部は英国人刑事とともに必死の警護に当たる。だが、長崎へ向かう特急「さくら」車中で、夫人が誘拐されてしまった!圧巻の傑作推理サスペンス。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 犯人は簡単に予想がつくし、展開や推理が強引なのもいつものことではあるが、ダイナミックな展開でも読みやすい西村京太郎さんらしい本。もう少し「駅」に深入りしてほしかったのと、酒井信子氏の扱いが悪すぎる気がするが、仕方ないかな

  • 「嫌いじゃないけれど間違ってると思う」
    どうにも後味悪く終わってしまう。
    しかし、このような感情は意外と自分にもあった。

  • 最後の数ページで追い詰めまくる十津川。その姿はまさに圧巻!
    "長崎駅"を"ナガサキ・レディ"と読ませるのはなかなかニクい。
    この事件の本質を表しているような面もあるからだ。

    イギリス人作家であるビクトリア・ヘイズは、スコットランドヤードの元警部で、日本への招待をきっかけに突側の部下だった刑事・酒井信子を妻にしていたが、三年ぶりに来日することになった。
    寝台特急さくらに乗車したヘイズ夫妻と護衛のケンドリックス警部、それから警視庁の十津川班のメンバーで乗車し、長崎へ向かった。
    再三脅迫状が来ていたがその旅行は決行された。道中、小郡から宇部の間で、信子が何者かにさらわれてしまう。身代金を準備しつつ、佐世保のオランダ村にでかけ、長崎駅が身代金の受け渡しで指定されたが、まんまと身代金は犯人の手によって奪われてしまう。
    捜索をする十津川達だったが、ヘイズが信子が監禁され犯人の乗っている車を発見したところで、車は爆発炎上してしまい…

    冒頭から犯人によって誘拐されてしまうのだが、誘拐事件としてはあっけなく、しかしその短い時間の中でも緊迫感があふれる内容だ。ヘイズは信子のことを思い十津川達に逆上することもしばしばであったが、十津川達も焦っているのは同じであった。
    信子と犯人たちが車の爆発で死亡した後、イギリスにもどりヘイズは再婚し新たな小説を書き上げ、ベストセラーになったが、十津川はそれを読みふつふつとわきあがる疑問・違和感が。その疑問こそが、この事件の解決の糸口である。まさに元部下・信子を思う十津川の親心といったところか。

    最後の数ページで真犯人を追い詰めまくる十津川。忸怩たる思いもあったろうが、真実を突き止めたいという彼の気持ちに変わりはない。
    そしてそれは、日本人の矜持を示しているようでもあった。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

西村京太郎

1930年東京生まれ。63年オール讀物推理小説新人賞「歪んだ朝」で推理作家としてデビュー。65年『天使の傷痕』で第11回江戸川乱歩賞を受賞。81年『終着駅殺人事件』で第34回日本推理作家協会賞を、2004年にはミステリー界における多大な功績が評価され第8回日本ミステリー文学大賞を、10年には第45回長谷川伸賞を受賞する。01年10月、神奈川県湯河原に「西村京太郎記念館」を開設した。

「2022年 『十津川警部書き下ろし(仮)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西村京太郎の作品

ツイートする
×