プラ・バロック (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.20
  • (39)
  • (126)
  • (182)
  • (67)
  • (24)
本棚登録 : 1016
レビュー : 156
  • Amazon.co.jp ・本 (425ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334749224

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 雨の降りしきる港湾地区。埋め立て地に置かれた冷凍コンテナから、十四人の男女の凍死体が発見された!睡眠薬を飲んだ上での集団自殺と判明するが、それは始まりに過ぎなかったー。機捜所属の女性刑事クロハは、想像を絶する悪意が巣喰う、事件の深部へと迫っていく。

  • 日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作ということと、単純に警察小説が好きだからという理由で手に取ってみました。

    これは映像化しても面白い作品になると思います。

    今までに感じたことがない雰囲気や強烈な緊迫感に凄く引き込まれたし、
    主人公のクロハの心体的な傷みがリアルに伝わってくるような場面もあって、自分とこの作品が一体化しているような感覚に陥ったりもしました。
    読みやすい文章だったし、行の空け方や書き方の工夫にも才能を感じました。

    単純に面白い。新しい警察小説のように感じました。

    今後の著者の活躍が非常に楽しみです。
    他の作品も是非読んでみたい。

    • S-Mileさん
      俺も読んでみよかな。
      俺も読んでみよかな。
      2011/08/22
  • 躯体上の翼に続き結城充考さんは二冊目。展開が気になって、先を知りたい面白さはあった。でも「今すぐ続きが読みたい!」っていう欲求には至らなかったな。気が向いたら次も買おうかな、くらい。

  • ミステリー文学大賞新人賞受賞作ということで読んでみた。
    ネット犯罪初期的なストーリーだが、とても面白かった。
    登場人物個人の背景がしっかりしており、犯人や謎の人物「タカハシ」などにも共感出来る大作。一気に読めた。
    次回作も読もうと思う。

  • 100ページまで読んで挫折。文章が頭に入ってこなくて、内容を捉えづらかった。カガのことをどうしてもガガと読んでしまうし。こんなに合わない文書は初めてです。女性刑事+猟奇殺人だったらグロいけど誉田さんの方が好き。

  • 女刑事クロハシリーズ第一弾。
    若く美しく有能な女刑事。現実にはそうそういないでしょうが、絵になるのは確かですね。
    女性警察官が活躍する作品は他にもたくさんありますが、こちらもなかなか面白かったです。
    ただ慣れるまで少し鼻についたのが、登場人物の名前がほとんどカタカナ表記だったこと。
    この作家さんはそういう作風らしく、他の作品でも名前はおおむねカタカナなのだそうです。
    クロハ…黒羽?フタバ…二葉? 脳内変換しながら読みました。漢字表記の方がしっくり来るよな〜。

  • 20171222読破

  • なんだか読みにくくて入り込みにくい文章だった。
    意図的にそうしているのか人物名がカタカナ表記になっているのも人間味とか現実感とか全く感じられなかったしただただ文章を連ねているだけで正直最後まで読むのが苦痛だった。

  • 2017/08/12

  • 〇 概要
     冷凍コンテナから14人の男女の凍死体が発見される。睡眠薬を飲んだ上での集団自殺と判明するが,それは始まりに過ぎず,同様の集団自殺が続いた。連続殺人事件も起こり,捜査が続く。機捜所属の女性刑事,クロハは1週間の期限で捜査に携わる。クロハが事件の深部へと迫る。その真相は…。

    〇 総合評価 ★★☆☆☆
     冒頭から,コンテナから14人の男女の凍死体が発見され面白そうな謎と思わせるが,それだけ。そこからの展開は,ミステリ慣れした読者の裏をかかず,素直な展開が続く。情報過多にならないように,起こった事件や登場人物のセリフなどの伏線をしっかり回収している点はいいのだが,それだけ。少しは裏をかいてほしかった。
     集団自殺者達が作ろうとしていた記念碑が揚羽蝶から揚羽擬態になっていた点は,もう少しふくらませれば面白くなりそうなのだが,この作品では単なる鼓動の嫌がらせにとどまっている。鼓動の存在もありがちで,タカハシの存在もありがち。読者の予想を裏切らず,割り切れない部分や説明がつかない部分がないので,玄人好みの作風なのかもしれない。「どこかで見たような作品」どまりだと感じてしまった。★2で。

    〇 サプライズ ★★☆☆☆
     集団自殺は,その動機が謎になるかと思いきや,謎は首謀者は誰かという点と記念碑とは何かという点。首謀者は鼓動という「蒼の自殺掲示板」の管理者。これはミスディレクションとなりそうな人物がいなかったので,さほど驚くことができなかった。人選としてはなかなか,渋いところをついているので,うまくレッドへリングを用意していれば驚けたと思うが…。記念碑が揚羽蝶ではなく,揚羽擬態という蛾だったという点は,プロットは面白いのだが生かされていない。もう少し,深みがほしいところ。集団自殺と連続殺人が絡み,どちらも真犯人が鼓動だったという点は全く驚けず。むしろ,これ以外のストーリーが思いつかない。タカハシがVR空間の管理人であるという点も同じ。「お約束」というか,読者の予想どおりにストーリーが続くという分かりやすさ。サプライズは乏しい。

    〇 熱中度 ★★★☆☆
     読者の予想どおりに話が進むので,話の展開としては読みやすいのだが,文章が読みにくい。よく言えば詩的,悪く言えば鼻に付く文章。それなりに熱中できるのだが,物語に入り込みにくい。まるで,出来の悪い翻訳モノを読んでいる印象。話の作り方は,それなりにうまいので,熱中度は普通か。

    〇 インパクト ★★★☆☆
     集団自殺が立て続けに起こり,記念碑を作ろうとしている。その記念碑が,揚羽蝶ではなく揚羽擬態になっていたという点はインパクトがある。扱っている事件は新鮮。VR空間を取りまぜた作品全体の雰囲気もインパクトがある。連続殺人とその真犯人が,集団自殺の首謀者だったという点は平凡。取って付けたようなタカハシの存在も平凡。何より,主人公のクロハの存在がどこかで見たような立場で平凡。トータルでは普通のインパクトか。

    〇 読後感 ★★★☆☆
     クロハの姉の子どもである「アイ」という赤ちゃんが生きているというラストなので,読後感は悪くない。とはいえ,スカッとした終わり方ではなく,それほど良くもない。

    〇 キャラクター ★☆☆☆☆
     ヒロインのクロハの立場,存在感を始め,捜査主任のカガや,捜査メンバーが,どれもステレオタイプで,警察モノのテレビドラマを見ているような印象を受ける。個性が薄いので,読みやすいといえば読みやすいのだが,キャラクター性は薄い。名前を漢字ではなくカタカナで書いているのは,没個性を狙っているのかもしれない。キャラクター性は薄い。

    〇 希少価値 ★☆☆☆☆
     2015年にテレビドラマ化されたこともあって,今はブックオフの100円コーナーでいくらでも手に入る。しばらくはこの状態が続きそう。

    〇 メモ
     集団自殺は,「蒼の自殺掲示板」の管理人「鼓動」というハンドルネームの人物が指示していた。自殺者達には,集団自殺を行い,遺書を警察にメールで送付して,その添付ファイルで描かれる画像を構築すると「揚羽蝶」になると思わせ,「揚羽擬態」という蛾になるという悪意を有していた。
     鼓動は,それだけではなく,自殺志願者を殺害するという連続殺人(自殺ほう助)も行っていた。
     そのことがばれそうになると,復讐としてクロハの姉を殺害する。最後は,鼓動は,「タカハシ」という男に殺害される。「タカハシ」はかつて,鼓動が殺害した高橋倖の恋人であり,クロハが訪れていたVR空間の「管理人」だった。

全156件中 1 - 10件を表示

プラ・バロック (光文社文庫)のその他の作品

結城充考の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

プラ・バロック (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする