おれにはアメリカの歌声が聴こえる―草の葉(抄) (光文社古典新訳文庫)

  • 光文社
3.31
  • (4)
  • (6)
  • (14)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 115
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334751319

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • なんとなく、なんとなくだけどニーチェのツァラトゥストラを思い出した。翻訳のべらぼう口調からくるものはかなりあると思うけど、精神よりも肉体を、歴史よりも現在を、伝統よりも命を重んじる思想はニーチェと通じるでしょう。ホイットマンの詩作のうちで取り上げられているものはかなり限られており、さらに全体のうちの半分は英語原詩。文学は学問よりも芸術、その中で小説には幅があるけども、詩と比べると理性的だろう。詩は情感的なだけに、意味と響きのバランスが重要だろう。そういうことを考えると、翻訳はナンセンスな気がする。事実読みながら理性がぐるぐる巡った。違うよな、と思いながらも、原詩をそのまま味わえないアイロニー。


    17.5.15

  • ホイットマンの詩をずっと読みたいと思っていて、テストがとりあえず今週は終わったということでカフェで読んだ。ホイットマンと自分の考えが似ているところがすごくあって、とても嬉しかった。自由な気風、「さぁ!」とか「だ!」という独特なリズムにとても親しみを感じる。今度は是非、酒本雅之氏の草の葉を読みたい 2016.1.22

  • なぜ彼は詩のみならず文学の、文化の、そしてアメリカの「父」と呼ばれるのか。

    答えは彼自身が教えてくれる。その奔放な「言葉」によって。


    “Divine am I inside and out, and I make holy whatever I touch or am touch’d from,”
    “This head more than churches, bibkes, and all the creeds…”

  • 【本の内容】


    [ 目次 ]
    自己なるものをおれは歌う
    おれにはアメリカの歌声が聴こえる
    おれ自身の歌(抄)
    おれは電熱の肉体を歌う(抄)
    おれはルイジアナで一本の樫の木が生えているのを見た
    オープンロードの歌(抄)
    揺れやまぬゆりかごから
    鷹の睦みあい
    農家の図
    ランナー
    浅瀬をわたる騎兵隊
    灰色にかすむ払暁の野営の光景
    リラの花が先ごろ戸口に咲いて(抄)
    おお船長!わが船長!
    ふらりと出歩く子がいた
    結局、わたしは
    インドへの道(抄)
    音も立てずじっとしている一匹の蜘蛛
    さらば、わがうちなる空想の人よ!
    Leaves of Grass(英文原典)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 草の葉は壮大なものなので、抄訳ですが、
    それでもその世界観を存分に味わえるはずです。

    100年以上前、
    いまよりも自由ではなかった時代に
    このような力強い詩を書いている人がいた、
    ということに驚かされました。

    おれには~という言葉でつづられる
    あつい言葉たち。
    それは、今読んでも衰えるものではないです。
    少しわいせつな表現(同性愛賛同)がありますが
    今ではそれもあまり感じないです。

    本当に美しい詩でした。

  • 題名からしてヤバい奴の詩集かと思ったがそんなことはなかった。
    日本語訳が秀逸

  • 生に対して肯定的で大声で読みたくなるような詩集。
    自己主張が強すぎるし楽観的すぎるかもしれないけれど好きだ。
    特に好きなのは、恋人を植物にたとえて思い出すところ。
    すがすがしくて色っぽい。

  • 去年英語文学の授業で取り上げられていたのを思い出し、挑戦。
    タイトル通りマッチョな言葉の連続かと思いきや、時折とても繊細な詩にめぐり合う。
    おそらく、作者は本当は心優しきガキ大将、ジャイアンのような人柄だったのだろう。

  • タイトル買い。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

Walt Whitman 1819年5月31日、アメリカ・ニューヨーク州ロング・アイランド(パウマノク)に大工の子ウォルター・ホイットマンとして生まれる。弁護士や医師の給仕、印刷工、小学校教師、新聞記者等を転々としながら、1855年、36歳の時『草の葉』を出版、民衆の普遍的な人間性という民主的人間観をうたいあげる。1892年3月26日、ニュージャージー州カムデンで72歳の生涯を閉じる。

「2018年 『詩集 草の葉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ウォルト・ホイットマンの作品

おれにはアメリカの歌声が聴こえる―草の葉(抄) (光文社古典新訳文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×