アンナ・カレーニナ〈2〉 (光文社古典新訳文庫)

  • 光文社
4.08
  • (48)
  • (49)
  • (30)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 418
感想 : 40
  • Amazon.co.jp ・本 (514ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334751609

作品紹介・あらすじ

官僚としての体面と世間体を重んじる夫の冷酷な態度に苦しみながらも、アンナはヴロンスキーとの破滅的な愛に身を投じていく。愛するゆえに苦しみ悩んだ結論は…。一方、新しい農業経営の理想に燃えるリョーヴィンは、失意から立ち直ったキティと結婚生活を始めるのだった。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 3部が300ページ
    4部が200ページほどなんですが、
    3部は…
    リョービンの農業への思いと、草刈り、
    カレーニンの政治観ばかりで、まあちょっと大変だけれども、
    これがあるがゆえの、後半4部のおもしろさ、エンタメぶりと言ったら!200ページの中にてんこ盛りのエピソードたち。

    以下ネタバレ

    ・アンナ、あれほど約束したのに、家にブロンスキーを呼びつけ、カレーニンと鉢合わせ。
    ・カレーニン、いよいよ弁護士の所へ。
    ・カレーニン、早口でまくしたて、舌がもつれて「憔悴」を「そう……ひょう……そうすい」となってしまう
    ・ロシア一の伊達男(今は自分の口利きで、ボリショイバレエに入団させてやった、可愛いバレリーナちゃんにお熱)オブロンスキーのホームパーティーにおいて伏線の回収のごとく集められるキャラクターたち。え、キティちゃん来てたの?
    ・リョービンのキティ崇拝「これからはけっして人のことを悪く思わないように心がけますから!」
    ・眠らないリョービンと、彼の黒日記?
    ・さて、ブロンスキーはリストカットさながらのレボルバー自殺未遂。
    ・オブロンスキー、カレーニンを説き伏せたつもり?うまくやった。この出来事を謎掛けにしてまたパーティーで披露せねば✨
    ・ヴロンスキー、友人の計らいでタシケントへの勤務を用意されたのに、アンナに一目あっただけで、退役してしまう。

    など。
    狂乱の日々でした。
    私たちはいつになったらアンナの魅力に気づくことができるのかしら

  • とうとうヴロンスキーとの関係をカレーニンに打ち明けたアンナ。第2巻は離婚をめぐる双方の心の葛藤がえげつないほど緻密に描写されている。
    カレーニンがアンナを許せないという気持ち、いや許せないどころか不幸にさせたい、不幸のどん底に落としてやりたいと憎悪するのは当然の感情だよね。離婚してあげたら彼女はヴロンスキーとくっつく。だったら絶対に離婚しない。歪な夫婦関係だけど、いやそれはもう夫婦と呼べる関係ではないね。
    アンナもアンナで、カレーニンとは元々利害関係のみで結婚したようなものだったのを、ヴロンスキーと出会って愛してしまって一緒になりたい、でも息子のセリョージャは手放したくない。自分がどうしたいのか分からない、何も分からない、と身体ごと真っ二つに分裂してしまいそうな苦しみの渦中にいる。愛している、愛していない、そのことだけは明確であるはずなのに、それでも分からなくなってしまうんだ。不倫して間男の子を孕んだアンナは断じて被害者ではないけれど、「分からない」という言葉は紛れもなく悲鳴だった。
    そして生死をさまよう難産、からのカレーニンの赦し、それを知ったヴロンスキーの絶望&別れ。しかし復縁そして出奔。いやとんでもないよこの人たち……。アンナにとっての幸せってなんなんだろう。

    怒涛の展開を見せるアンナたちに比べて、リョーヴィンとキティのなんと可愛らしいことだろう。一度はリョーヴィンからの告白をすげなく断ったキティだったけれど、ドイツでの療養を経て彼のもつ魅力に気づくことができた。「ぼくには、何ひとつ、忘れることも、許すことも、ありません。ぼくは、ずっと、あなたが、好きでした」!!照れまくる二人にもうこっちがきゅんきゅんしちゃって赤面ものだよ。あーーリョーヴィンが喜んでて笑顔でいて幸せを手にしてくれたことがシンプルに嬉しい。

  • トルストイという作家が怖くなっている。
    どうしてここまで人間心理がわかっているのか。

    リョーヴィンの、キティと結婚したいのにそれが叶わないがゆえに、またそれを忘れたいがゆえに、自然や労働に精を出すところ。

    ヴロンスキーの、アンナに感情をもっていかれているにもかかわらず、功名心を大事にしたいという心情。

    アンナの、ヴロンスキーを愛していはいるが、息子を絶対的に尊重している、というより、息子をみずからの存在証明として利用しようとしている軽薄さ。

    カレーニン氏の、きわめて有能ではあるが、妻アンナを持てあまし、実はアンナなどどうでもいいのだが、みずからの社会的体面のためには、ある解決を求めなければならない、その、どことなく億劫そうな態度。

    鳥肌を立てながら読んでいる。

  • どんな方にも、死ぬまでに一度は読んでいただきたい小説。

  • 言わずと知れた古典的名作、
    ロシアの貴族という遠く離れた世界の話でありながら、現代にも普遍的な共感を生む、名作だと実感します。
    2冊目で語られるのは、アンナとかレーニンの夫婦を中心にして描かれる不貞を抱えた夫婦と不自由な婚姻制度、そして労働者であるリョービンの仕事への真摯かつ現実的な悩みと喜び。
    登場人物が全て現実的であり、遠い世界の話と思えない。それは感情描写の巧みさにも起因するのでしょう。
    リョービンとアンナはこれまで違う軸で話が進められてきた感じでしたが、本冊の後半にきてお互いに急展開を迎える。決して読みやすい本ではないのですが、続きが気になって仕方ないです。

  • なんやかんやみんな応援したくなる

  • ■トータルの分量は文庫本で2,050ページほど。たしかに大長編小説だが、前回のレビューに書いた通り人物の書き分けが明確でその輪郭がぼやけないし、約10ページくらいで1章をなしてポンポン展開が先へと進むのでたいへん読みやすい。
    ここでは覚書として物語の梗概を箇条書きで残しておこう。

    【一冊目】
    1.モスクワ。オブロンスキー公爵の浮気がばれ、妻のドリーが激怒している。夫婦の仲が危殆に瀕している。
    2.スケート場でリョーヴィン(地主・農業経営者)がキティ(ドリーの妹)にそれとなく自分の想いを打ち明ける。
    3.夜会にてリョーヴィンがキティにはっきりとプロポーズする。キティはリョーヴィンに好意を持っているが断る。どちらかといえば男前で金持ちのヴロンスキーの方が上等だし、もはやヴロンスキーからのプロポーズも時間の問題だからそちらの方に賭けたのだ。
    4.ペテルブルクからアンナ(オブロンスキーの妹、カレーリンの妻、ドリーの親友)が到着し、ドリーをなだめ、オブロンスキーとの夫婦仲をとりもつ。
    5.舞踏会でアンナとヴロンスキーが出合い、ダンスをするうちにお互い完全にメロメロになる。
    6.リョーヴィンが傷心のまま、ニコライ兄に会いに行く。ニコライ兄は結核ですさんだ生活をしており、傍らには娼婦あがりのマリアが付き従っている。
    7.アンナがペテルブルクに列車で帰ってくる。一瞬も彼女から離れたくないヴロンスキーは列車に同乗している。駅には夫のカレーニン(高級官僚)が待っている。3人が顔を合わせるなか、線路に人が落ち列車に轢き殺されたという騒ぎがもちあがる。
    8.リョーヴィンのプロポーズを余裕で断っておきながら、頼みのヴロンスキーをあっさりとアンナに持ち逃げされたキティはショックを受け体調を崩す。キティ、ドリー、オブロンスキーらは療養がてら外国に渡る。
    9.トベルスカヤ公爵夫人のサロンでは、アンナとヴロンスキーがいちゃいちゃ、いちゃいちゃしている。
    10.カレーニン夫妻の閨房。夫への愛が覚めてしまったアンナと、妻の不貞を怪しみながらも真実を知りたくないカレーニンとの、うわべだけの会話が交わされる。
    11.リョーヴィンの農場。オブロンスキーがリョーヴィンと狩猟をしにやってくる。リョーヴィンは内心ではキティの近況が気になるが自分にはもう過去の人と割り切って、敢えてオブロンスキーに訊ねようとはしない。
    12.カレーリン邸にて。アンナとカレーリンはもはや会話が成り立っていない。アンナはカレーリンに対する嫌悪感がおさまらず(「この人に必要なのは嘘と世間体だけ」)、逆にヴロンスキーに対する愛が止められない。が、息子のセリョージャと離れることは絶対に考えられず、打開策が見つからない。。
    13.競馬の障害競走に愛馬とともに出場したヴロンスキー。アンナが息をつめて見守る中、あと少しで優勝というところで転倒。愛馬を死なす。
    14.競馬の観戦中も異様な雰囲気のアンナとカレーリン。アンナは、ヴロンスキーの落馬のショックから興奮がおさまらず、ついにカレーリンに、自分がどれほどヴロンスキーを愛しているか、そして逆にカレーリンを嫌っているかを面と向かって宣告する。

    【二冊目】
    1.口下手のリョーヴィンが、訪ねてきた義理の兄の文筆家コズヌィシェフと議論するが勝ち目がなく引き下がる。
    2.リョーヴィンは地主なのに、小作人のチートたちと一日中いっしょに草刈りをして汗を流し、おおいに充実感を得る。
    3.リョーヴィンはドリーの訪問を受け、ドリーとキティたちが近所に逗留しているのを知る。ドリーはリョーヴィンの本心もキティの気持ちもわかっているので、リョーヴィンにキティに会いに行くよう水を向ける。が、リョーヴィンはそっけなく断る。しかしリョーヴィンは偶然、走っている馬車の窓から覗いたキティの横顔をチラと見たとき、自分がまだキティに対して愛の炎が消えていないことを知ってびっくりする。
    4.カレーニンはこの先、ヴロンスキーとの決闘になるか、アンナとの離婚になるか、単なる一時的な別居ですむかを考えてハラハラしている。
    5.ヴロンスキーはヴロンスキーで、アンナを熱愛しているものの、現在の金欠、出世が見込めない状況に閉口している。そこへヴロンスキーの才能を高く買う友人セルプホフスコイが、転勤になるが結構な地位に就けるうまい話をもってくる。
    6.リョーヴィンはリベラリストのスヴィヤシュスキーと狩猟をたのしみ地主たちと談義する。そこに行く途中で一軒の農家に立ち寄り、主人のひとがら、一家の温かい雰囲気、潤沢そうな経営状況に感心してロシアの理想的な農家を見つけたと気を良くする。
    7.リョーヴィンのところへニコライ兄が訪れる。体はいっそう衰えていて悪態をつくのはあいかわらずだが、ふたりともこれが兄弟の今生の別れになることを察する。
    8.アンナ、ヴロンスキー、カレーニンは膠着状態。アンナ、死をほのめかす。
    9.カレーニン、モスクワに出張する。
    10.オブロンスキー主催による晩餐会。リョーヴィンとキティの再会。リョーヴィンによる頭文字クイズ。そして2回目のプロポーズは大成功。ふたりは婚約する。
    11.アンナ、難産の末、ヴロンスキーとの間の子を出産。産褥熱により意識混濁、生死の境をさまよう。カレーニンはショックを受けすべてを許そうとする。一方、ヴロンスキーは絶望し拳銃自殺未遂。
    12.アンナ、カレーニンと息子を残し、新生児の娘とヴロンスキーとで国外へ移住する。
    ・・・・・・以下、『アンナ・カレーニナ〈3〉』のレビューに続く。

  • 1巻に引き続き、引き込まれる展開であった。登場人物の考え方や気持ちの変化の模様を絶妙に表現している。また、貴族や官僚、農民などロシアの生活様式が興味深い。どの階級でも、夕食後にいろいろな活動をしていることは新たな発見であった。面白い。
    「牛馬に引かせるプルークのほうが人の手でやる鋤よりもよく耕せるし、速耕機を使えば効率が上がるということは彼ら(農民)も心得ているのだが、いざとなると彼らはいずれの道具も使うわけにはいかなぬという理由を無数に見つけてくるのである」p268
    「ロシアには素晴らしい土地があり、素晴らしい労働力がある。そして場合によっては、あの道中で立ち寄った農家のように、働く者と土地の力で大きな収穫を上げている。だがヨーロッパ流の資本投入をするならば、たいていの場合生産性は低い。それはひとえに、農民たちがひたすら自分たち固有のやり方で働くことを望み、またそのほうが成果が上がるからだ。こうした外国流への抵抗は単なる個別事例ではなくて一貫した、国民の精神に根ざした現象なのだ」p274
    「「汝憎む者を愛せ」ドリーがつぶやいた。そんな教えは先刻承知だったが、この場合には当てはまりようがない。「自分を憎む者を愛するのは結構ですが、自分が憎む相手を愛することは不可能です」」p402

  • 「幸せな家族はどれもみな同じように見えるが、不幸な家族にはそれぞれに不幸の形がある」。不倫に溺れるヒロインの人生を暗示するこの一節から、物語は始まります。本当に、”幸せ”って、何なのでしょうね。

  • ひえー面白いー!
    カレーニンの変化には驚いたけど、丁寧に丁寧に描かれる心理に、これもあるわ…と納得。
    しかしアンナもカレーニンもヴロンスキーも、「そっちは一番だめ!」という方へ突き進むんだからもー!
    わかるけどー!!
    農業経営の話も、当時の考えやロシアの立ち位置などが反映されていてとても面白かった。

全40件中 1 - 10件を表示

レフ・ニコラエヴィチトルストイの作品

アンナ・カレーニナ〈2〉 (光文社古典新訳文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×