人間不平等起源論 (光文社古典新訳文庫)

制作 : Jean‐Jacques Rousseau  中山 元 
  • 光文社
3.88
  • (15)
  • (22)
  • (16)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 344
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (414ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334751623

作品紹介・あらすじ

わたしたちは、フランス革命を導いたルソーの代表作である本書と『社会契約論』に繰り返し立ち戻ることで、国民がほんとうの意味で自由で平等であるとはどういうことなのか、どうすれば国民が真の主権を維持できるのかを、自分の問題として問い直すことができるはずである。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人間はなぜ互いに憎しみ合ったり、嫉妬しあったりするのだろう。なぜ不平等は生まれたのだろう。そういう骨太な問いに、18世紀を代表する知性が正面から取り組んだ傑作。とても感動した。

    この問題を考える上で、ホッブズやロックらの先輩思想家がそうであるように、ルソーもまた社会が成立する前の「自然状態」を考える(ちなみに、なぜ彼らがそろって実際の歴史の探究ではなく理論的に過去を遡及するのか不思議だったが、そういう戦略をとらざるをえない理由が解説に書いてあった)。そして、ルソーはホッブズやロックの「自然状態」について、それらはすでに社会が成立した後の観念を反映させてしまったものだと批判しつつ、彼独自の人類の起源を探究していく。そして次にそこから、どのようにして「社会」が成立し、現在のような不平等に至るのかを説明するのだ。

    まさに壮大な思考実験。人間性の本質は何か、私たちはどうしてこのようにふるまうのか、それを考え抜いた思考の軌跡がこの一冊だと言っていい。そして、ルソーが辿りついた結論はよく言われる「自然に帰れ」ではない。僕はこの本で初めてルソーの思想を知って驚いたのだが、ルソーはそんな復古主義的なことは全然言っていない。「わたしのような人間にとっては、あれこれの情念のおかげで、もはや原初の単純な暮らしぶりをすることは永久にかなわないことだ」(p225)といい、「美徳を学び、次にこれを実践する」ことを通じて、人間を高めていくことを決意する。おそらくこの決意が、次の『社会契約論』につながっていくのだろう(執筆時点で未読)。

    また、もう一つ強く僕の印象に残ったのが、ルソーが自然状態の原理の一つとして「憐れみの情」をあげていることだった。これは、アダム・スミスが『道徳感情論』で同感能力を人間の基礎に据えたのと似ている。もちろんルソーはそう主張するだけの根拠もあげるのだが、僕はどうしてもそこに人間性に対するルソーの期待のようなものを読み取ってしまう。彼は、不平等な現実社会を見ても、決してあきらめていない。まして「自然に帰れ」などの復古主義を唱えてもいない。人間の現実を見つめながら、それでも希望を失わず、よりよき社会を構想した思想家なのだ。そして実際、彼の思想がフランス革命とアメリカ独立革命を用意していく。それが僕たちの社会へとつながっていくのである。現実社会の中で生きる者として、僕はもっと、こういう思想家の文章を読まねばならないと思う。

  • 人が、土地を柵で囲って私財を主張するようになって以来、不平等は拡大。闘争状態を収めるために、法が導入された。自由を守るためには『腕に傷を負った人が体の残りの部分を守るために腕を切断することに同意するかのように』その一部を犠牲にする必要があった。それがのちに王権国家へと発展する。西欧の民が航海を経て出会った“未開人”はキリスト教の力を以てしても、文明化しなかった。北半球の人々がいち早く手にしてしまった【知恵の実】はいったいどこにあったのだろう。世界史も宗教も、学びなおす必要がある。

  • え、もっとみんな読むべきじゃない?

  • 2階集密書架 : 135.3/ROU : 3410162046

  • 自然法(ドロワ・ナチュレル)という考えは、人間の本性にかかわる概念である。p38

    【二つの原理ー自己愛と憐れみの情】p41-43
    学問的な書物はどれも、すでにできあがった状態の人間について理解するために役立つだけであり、ここでは無用のものである。それよりも大切なことは、人間の魂の原初的でもっとも素朴な働きについて考察してみると、理性に先立つ二つの原理を見分けることができるということである。一つの原理は、わたしたちにみずからの幸福と自己保存への強い関心をもたせるものである。もう一つの原理は、感情をもったあらゆる存在、とくに同類である他の人間たちが死んだり、苦しんだりするのをみることに、自然な反感を覚えることである。
    わたしたちの精神は、この二つの原理を調和させ、組み合わせることができるのであり、そこから自然法(ドロワ・ナチュレル)のすべての規則を導きだせる。ここに必ずしも社会性(ソシアビリテ)の原理を導入する必要はないのである。
    <中略>このように、原初の人間(オム・オリジネル)、その真の欲求、その義務の基本的な原則について研究するというこの方法は、道徳的な不平等の起源について、政治体の真の土台について、政治体の成員の相互の権利についてなど、重要でありながら、十分な解明が行われていない多くの問題を考察するときに発生する無数の難問を解決するために役立つ唯一の有効な手段なのである。

    「人間の不平等の期限はどのようなものか。それは自然法(ロワ・ナチュレル)のもとで認可されるものか」p48

    【二種類の不平等】p49-50
    わたしは人類には二種類の不平等があると考えている。一つは自然の不平等、または身体的な不平等と呼びたいものである。これは自然が定めたものであり、年齢、健康状態、体力、精神の質、魂の質の違いによって生まれる。もう一つは社会的(モラル)または政治的な不平等と呼びたいものである。というのも、この不平等はある種の取り決めによって生まれるものであり、人々の同意によって確立されるか、少なくとも認可されるものだからである。この種の不平等はさまざまな特権から生まれるもので、一部の人々が他の人々を犠牲にして、この特権を享受する。たとえば他の人々よりも豊かであるとか、尊敬されているとか、権力をもっているとか、何らかの方法で他の人々を服従させているとかである。

    第二部は【所有という観念の発生】から始まる。p123

    【約束と共同体の成立】p128
    【私有財産の発生】p131
    【自尊心の誕生】p135
    【所有権の誕生】p143
    【社会と法律の起源】p150
    【自由は放棄できない】p161
    【社会契約】p169
    【不平等の激化】p176

  • 訳者の中本元による詳細な解説が付いている。これは解説というよりは文の要約・あるいはレジュメのようなもので、ルソーの本文を豊富に引用しながら、現代風に分かりやすく再構成している。ルソーの原文も決して難解な文章ではないのだが、ところどころ迂遠な論理展開をしているところがあり、時々ルソーの意図を見失ってしまうことがあるため非常に役立った。
    Kindle版ではルソーの本文と、解説の引用フレーズが相互リンクされているため、少し引っかかる表現があればすぐにお互いを行き来できるのもよかった。

  • 面白すぎる。解説は繰り返しが多く蛇足な感じ。本編は本当に面白かった。考えたり想像したりする読書の中でかなり面白い部類の本。こういう本がきっと愛読書になるんだろうなって感じがした。また読んでみたいなと思う。楽しい時間が過ごせる。

  • 社会契約論よりは読みやすい部類に入るでしょう。
    ただし、解説なしで読むのはかなりつらいので
    面倒くさくても、解説はきちんと読みましょう。

    そもそも私たちが人間としての
    人と協力し合う、という選択肢を選び始めてから
    不平等というものは生まれてしまったのです。
    だけれども、原初に戻る?と聞かれて
    私たちはイエスということはできないことでしょう。
    もう戻るには遅すぎます。

    そして、この本を読んでいて違和感を覚えるでしょう。
    これって、今の状態のままじゃないの。
    結局富めるものは強いまま、
    そうでないものは搾取されるまま。
    自由に生きることさえ、許されないわけで。

  • //5分の2ほど読了。途中放棄。
    私たちの使っている観念が、どれほど言葉を利用することに依拠しているかを考えていただきたい。文法が頭脳の働きをどれほど訓練し、容易にしているkを考えていただきたい。そして言語が最初に発明されるまでに、どれほどの長い時間と、想像できないほどの苦労が必要だったか、考えてみていただきたいのだ。これらの考察と、すでに指摘した点を考え併せてみれば、二減の精神の内に最初は単なる可能性として備わっていたものを段階的に発展させていくには、幾千もの世紀が必要だったことが分かるはずである。

  • 読んでから何日か内容について考えていたけど、平等が不平等をよび、格差が勘違いをうんだように考えられ、取り敢えずの区切り。

    続いて知ることについて考えてみた。知ることが様々なリスクをよぶことは誰だって知っている。だけど私がこの論文から得たのは知ることが知らないことに繋がるんだってこと。またはそれを考えてみるきっかけになったこと。何かを知るってことは何かを知らないってこと、それは心に似ているなと思った。対局するものが一緒にいることはないから。両方が存在することはないから。だけど、知ることは心と違って、たとえ理解はできなくとも両方を知ることはできる。そうすると許容と時間の関係になってくるのかな。うーん、難しい。

全23件中 1 - 10件を表示

人間不平等起源論 (光文社古典新訳文庫)のその他の作品

人間不平等起源論 (光文社古典新訳文庫) Kindle版 人間不平等起源論 (光文社古典新訳文庫) ジャン=ジャックルソー

ジャン=ジャックルソーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
三島 由紀夫
マックス ヴェー...
有効な右矢印 無効な右矢印

人間不平等起源論 (光文社古典新訳文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする