黄金の壺/マドモワゼル・ド・スキュデリ (光文社古典新訳文庫)

制作 : Ernst Theodor Amadeus Hoffmann  大島 かおり 
  • 光文社
3.77
  • (6)
  • (17)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 143
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (414ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334751777

作品紹介・あらすじ

美しい金緑色の蛇に恋した大学生アンゼルムスは非現実の世界に足を踏み入れていくが…(『黄金の壼』)。17世紀のパリ。天才的な職人が手がけた宝石を所有する貴族たちがつぎつぎと襲われる。ようやく逮捕された犯人は意外な人物だった(『マドモワゼル・ド・スキュデリ』)。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『黄金の壺』
    『マドモアゼルスキュデリ』
    『ドンファン』
    『クライスレリアーナ』

  • 表題作の「黄金の壺」、冴えない男が二人の美女にもてる、日常の中に非日常が入り込むというのは一寸前のラノベの設定っぽい。いずれにせよ、予想していたよりも読みやすいので驚きました。他の出版社での訳と読み比べてみたい。

  • 『黄金の壺』

    『マドモワゼル・ド・スキュデリ』

    『ドン・ファン』

    『クライスレリアーナ』

  • 久々に、非現実?というか、ファンタジーを読んだ!!て感じだった。
    文章が面白い。長くて複雑だけど、読めば読むほど味が出る感じで。

    大げさな感じの表現がすごくしっくりきて、おもしろい!!

    一緒に入っている、マドモワゼルもよかった~!
    続きが気になって、一気に読んでしまった。

  • ホフマンの短篇集。物語の内包する物語の密度の濃さに圧倒される。幻想文学のリアリティとは描かれなかった物語の量に比例するのではないかと思われる。
    物語の長さにそぐわないほどのイマジネーションを内包した結果、本文自体はほとんど粗筋をなぞっているだけのようである。その語られない物語背景の過剰さ、それがまた物語の豊穣さを支えている関係。

    神は細部に宿るとはこういうことか。

  • くるみ割り人形、カルディヤック等の原作で知られるE・T・A・ホフマンの作品集です。
    ホフマン"らしさ"あふれる作品である黄金の壺に対して、"らしさ"の少ない非常にきれいなマドモワゼル・ド・スキュデリ、その他の短い作品が収められています。
    黄金の壺は岩波文庫の方が雰囲気が出てて、私は好きですが、スキュデリも収録されているということで、こちらに。(残念ながら岩波のは絶版なのです。あと、古い文章なだけに読みにくいかも?)
    黄金の壺でホフマンの世界を、そして、スキュデリでホフマンが書くきれいな作品を味わってみてはいかがでしょうか?

  • 想像力が豊かで、ファンタジーな世界。読んでいて楽しかった。

  • 表題作の二編は、ファンタジーかつミステリ要素アリ!”美しいもの”に対する情景描写が豪華で、優雅な気分にも。

  • なんとなく読んだが、おばけ作家のホフマンさん。
    妄想の天才です。
    この光文社古典新訳文庫)シリーズは、どれも読みやすくて、好きだ。

  • さて、満を持して(?)、E.T.A.ホフマン、いきます!というわけで、この新訳を買ってみました。手持ちの岩波文庫の「黄金の壷」と「スキュデリー嬢」と、頁ごとにつきあわせて読みました(また、なんと酔狂なことを……)。常体と敬体の文を、同じ地の文で混在させるのはどうでしょう、けれどもそのあたりは、「訳者あとがき」に詳しく述べられています。そこにあるとおり、「ほんとうに、古いか新しいかという問題は一筋縄ではいかないもの」なのですね。私には、昔なじみのホフマンのほうが、ホフマンらしい、とも思われますけれど。もちろん、この新訳を殊更に批判したいわけじゃないんです。そしてまたこのシリーズ全体の意図に関して、「いま、息をしている言葉で。」という栞の文言どおりそれが成功しているなら、それには大賛成なのです。だから、これからホフマンを読もうかな、と思う方は、どうぞこれを手に取ってください。珠玉の4篇、表題2作の他に「ドン・ファン」と「クライスレリアーナ(小品を抜粋)」とが収められています。カヴァーの感じもいいし、誰かの愛読書になることを願います。もちろん、それに見合うだけの作品です。

全11件中 1 - 10件を表示

黄金の壺/マドモワゼル・ド・スキュデリ (光文社古典新訳文庫)のその他の作品

黄金の壺/マドモワゼル・ド・スキュデリ (光文社古典新訳文庫) Kindle版 黄金の壺/マドモワゼル・ド・スキュデリ (光文社古典新訳文庫) エルンスト・テオドール・アマデウスホフマン

エルンスト・テオドール・アマデウスホフマンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J.L. ボルヘ...
遠藤 周作
安部 公房
三島 由紀夫
安部 公房
アーサー マッケ...
有効な右矢印 無効な右矢印

黄金の壺/マドモワゼル・ド・スキュデリ (光文社古典新訳文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする