ダロウェイ夫人 (光文社古典新訳文庫)

制作 : Virginia Woolf  土屋 政雄 
  • 光文社
3.57
  • (9)
  • (18)
  • (14)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 204
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (377ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334752057

作品紹介・あらすじ

6月のある朝、ダロウェイ夫人はその夜のパーティのために花を買いに出かける。陽光降り注ぐロンドンの町を歩くとき、そして突然訪ねてきた昔の恋人と話すとき、思いは現在と過去を行き来する。生の喜びとそれを見つめる主人公の意識が瑞々しい言葉となって流れる画期的新訳。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  慣れてくるまでは読みにくい文体だと思う。予告なしで主人公目線が変わったり三人称になったり、読みやすいというルールを完全に無視しているからだ。でも、「作者よがり」になっていない。退屈しない。すべてがリアルタイムであり、少しずつ物語が交わり、臨場感がある。見事な小説だと思う。実際に、もし自分がこんなのを書くと、本当につまらなくなる。けれどもこの小説がここまで読ませるのは、階級の人間の視点が交差するところにある。夫人、紳士、元カレ、そして外国から来た妻、戦争のトラウマに苦しむ夫、精神科医。出演する多彩なメンバーの主観と、それを取り進める神の視点がかみ合っていて、退屈しない。常に変わる主人公から見た外部と内部への批評が続いていて、観光をしている気分だ。ここにロンドンが表現されている、というものだ。街そのものを表現しようとした、のだろうか。

     ダロウェイ夫人と、戦争のトラウマに苦しむ青年の対比とか、いろいろ考えるポイントは多いが、やはり夫人と同性愛関係っぽかったサリー・シートンがめっちゃ多産のお母さんになっていて、そしてピーター・ウォルシュは無職でまだ大人になれない50歳で。この二人が最後にダロウェイ夫人に会うパーティー開始の場面が本当にすごいクライマックスだ。
     最初はダロウェイ夫人が次々と社交の挨拶をしまくって、コーディネートやりまくるのだが、どこか、さっきまでのダロウェイ夫人の主観の感じがなくなって、「主観で書かれているのに、まるで外側からダロウェイ夫人をみているよう」になる。まあ、いらっしゃい、まあ、いらっしゃいと、パーティーの出席者を迎えるダロウェイ夫人は、読者にとってここでいきなり「別人」「他人」なる。いままで寄り添うように僕らの傍で悩んでいたダロウェイ夫人はどこへやら。すっかり上流階級になっているのだ。そして、上流でなくなった幼馴染みはいつまでもダロウェイ夫人に待たされる。たぶん会えば、懐かしい会話ができるはずなのに、待たされ続ける。そして階級が似たものどうし、サリー・シートンとピーター・ウォルシュが一番長く思い出話をするのだ。ダロウェイ夫人が結局一番遠くへ行ってしまったのだ。
     ダロウェイ夫人の娘エリザベスも、何か自由であるようで、結局は上流階級の娘としてパーティーに出る。ここでミス・キルマンが何に敗北したかなんとなくわかる。死にゆくセプティマス青年とその妻レーティアの話を噂で耳にしたダロウェイ夫人は、生きる希望になったようなもの受け止めてすぐに社交に戻る。ここでダロウェイ夫人とセプティマスが交わるのだが、この交わりを読み解けるほど、読み込んでいない。二人とも、過去というものに戻れない、失ったものを抱えていて、それを取り戻そうとする自由を得ることができない。ダロウェイ夫人は、患者であるセプティマスが死んでみせたことに何らかの勇気を得るのだが、「もう生きるしかないんだね」というものを得たのだろうか。だからこそ、ダロウェイ夫人はそこからさらに読んでいて主人公じゃなくて他人みたいになっていく。どっかの夫人になっていく。
     精神科医らへの批判の視点はさておいて、やはりこの話は階級とイギリスを、近代的主観を乱れうちして書きながら、見事に最後のパーティーにおける寂しさやむなしさを立ち上がらせて、過去現在未来が決定的に分岐するポイントをダロウェイ夫人が夫人としての仕事をこなすという形で表現した傑作だと思う。
     パーティーからの流れは一気に読めるすさまじい展開。こいつ誰やねんみたいなのがぐんぐん出てきて、読者はどんどん置いていかれる。そして、幼馴染たちと同じ心境のまま、読者は呆然と終わりを迎える。「ダロウェイ夫人、遠くにいっちゃったなあ」と感慨深くなる。やってくれたな、バージニアウルフ、という感じである。この小説のカギはやっぱり「サリー・シートンとピーター・ウォルシュ」だろう。この二人が実はいまでも子どものままである、そして、ダロウェイ夫人はとうとう「大人」になってしまった、という、小説である。

  • 初夏のきらきらした日射しや花の香り、生のよろこびを見つめる小説なのに、第一次世界大戦の残した傷と影を強く感じてちょっと苦しいような気持ちになった。50代の登場人物たちの、この先の人生がもっとよくなることはなくても、それでもよかった探しをしながら生きていくしかない感じ。本作はウルフが比較的幸せな時期に書かれたそうなのだけれど、そのぶん彼女の抱え続けた不安が素直に表れているのかも。

  • アメリカの映画やドラマを見ていると、本好きの女性が必ずといっていいほど好きな作家にヴァージニア・ウルフを挙げるようなので、読んでみなければとずっと思っていて、やっと読んだんだけど。。。
    うーん、バカなわたしにはまったくといっていいほど、ピンとこなかった。「ダロウェイ夫人」はタイトルは昔から知ってはいたけれども、こんな話だったのか。。。上流階級のダロウェイ夫人の一日のうつろいゆく思い、みたいな感じで、ストーリーらしいストーリーがない。とりとめのない思いがとりとめなく描かれていて、あまり強い感情はない。一瞬、強く思ってもすぐほかのことに移っていく感じで。
    しかも、ダロウェイ夫人だけじゃなくて、登場人物すべて、すごい脇役みたいな人たちもすべての思いが、つながるように書かれているので、正直、え、今だれの話?と何度も見失っていた。。。。
    確かに、文章は詩的で美しいとは思ったけれども。
    あと、ときどき、人々の人生への思いとか、50歳をすぎた人々の老いることへの感情とか、いろいろ、はっとする文章はあった気がするけれど、それも一瞬で流れていって、あまり残らなくて。。。一度でさらっと流して読むのではなく、一文一文じっくりと読んでいくべき本なんだろうなー。そういうのがわたしは苦手だけど。
    あと、ヴァージニア・ウルフって、フェミニストで、孤高の強い女性、ってイメージなんだけど、この小説、解説含めて読んでも、あんまりそういうイメージがわかなかったなあ。。。

    訳者あとがきがおもしろかった。フランク・マコート「アンジェラの祈り」が読みたくなった。(ダロウェイ夫人の靴が何色だか知ったことか!とキレる生徒が出てくるとか)。あと、ヴァとバの表記についてとか。

    映画「めぐりあう時間たち」は見てみようと思う。原作も読みたい。

    • meguyamaさん
      私もウルフは一冊は読んでおかねばと思いつつ今に至っています。『めぐりあう時間たち』の原作者の『星々の生まれるところ』っていう小説が大好きだっ...
      私もウルフは一冊は読んでおかねばと思いつつ今に至っています。『めぐりあう時間たち』の原作者の『星々の生まれるところ』っていう小説が大好きだったので『ダロウェイ夫人』は第一候補だったのですが、どれにしようか迷います(笑)
      2017/06/15
    • niwatokoさん
      いや、わたしはなんだか退屈してしまったんですが。やっぱり古典って難解だなあとか。でも読んでみてください、詩的だし、すばらしいと思うかも。わた...
      いや、わたしはなんだか退屈してしまったんですが。やっぱり古典って難解だなあとか。でも読んでみてください、詩的だし、すばらしいと思うかも。わたしは、もっとストーリーがあるという「灯台へ」とか、エッセイの「自分ひとりの部屋」とかにすればよかったかな。「めぐりあう~」も「星々の~」も品切れみたいで残念。。。
      2017/06/15
  • つらかったーーー。

    本当に、人の心の声をそのまま文章に起こしたようでした。
    とてもついていけなかったけど…!
    ジョイスのかおりが…。


    人の考えがおもしろいのはそこに世相が反映しているからだと思う、でもさすがにそれを読みながらいちいち検証できるほど、この本に時間さけなかったよ。。

  • 「意識の流れ」という手法を使った作品を読むのは初めてだったが、なかなか好感を持った。他の作品とは違った種類のいわく言い難い感動や恍惚感があったように思う。

    《クラリッサは、わたしを連れていって、と衝動的に思った。だが、次の瞬間、全五幕の芝居を見終わったような気分に変わった。とても感動的で興奮する芝居だった。自分もその中で一生を過ごした気分。ピーターと駆け落ちし、一緒に暮らした。でもその芝居も終わった。》P87
    こことか凄い感動してしまった。刹那的な想像のほとばしりとその満足感。そしてその満足感が人の生きるエネルギー(行動するエネルギー)を生み出している事実。それをこんなにも鮮烈に捉えるとは。この一文を読むまで、無意識にうごめく日常的な空想が、人の生命活動とこんなにも密接に関わっているだなんて、意識したことがなかった。一挙に認識が降りてきた感じ。凄い衝撃を受けてしまった。「意識の流れ」の手法の面目躍如という気がする。なんというか全体的に、読んでいると時間感覚が外部から体内(意識内?)に戻ってくる感じがして、身を委ねたくなる。

  • 大学で受講したイギリス小説の授業を思い出した。Stream of Consciousnessだっけ(スペルも怪しい・・)「めぐり合う時間たち」(だっけ?)も観たなあ。「灯台へ」とか他の作品も読んでみたい。

  • 【G1000/8冊目】淡々と流れる時間とシームレスに切り替わる舞台。説明のために時間が巻き戻されることはなく、ただひたすら前に向かって進んでいく。時間をかけて読んでしまったのが失敗だったのか、話の内容が頭に入ってこない。だが、時間の流れが自然ではなく、鐘で時間が告げられる描写は却って不自然さを感じ、時間の流れを現すのにはわざとらしさを感じる。難解という言葉で片付けたくはないが、メモでも取りながら読まなければ人の流れが全く掴めないのだと思う。

  • 再読

  • 「灯台へ」のような劇的な展開がないのでやや退屈。また(方法論上仕方がないのだろうけれど)書き手の視点が目まぐるしく変わるので、注意していないとわからなくなりがち。当時の英国の世相がリアルに感じられる。

  • ヴァージニアウルフは『灯台へ』と本作しか読んでいないけれど、最も魅了される作家のひとり。

    意識の流れを繊細に描写した文体は、登場人物への深い共感を可能にし、内容は一見すると平凡だが作品は不思議な明るさに包まれている。

全26件中 1 - 10件を表示

ダロウェイ夫人 (光文社古典新訳文庫)のその他の作品

ダロウェイ夫人 (光文社古典新訳文庫) Kindle版 ダロウェイ夫人 (光文社古典新訳文庫) バージニア・ウルフ

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
谷崎 潤一郎
J.L. ボルヘ...
ジョゼフ コンラ...
村上 春樹
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

ダロウェイ夫人 (光文社古典新訳文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする