詐欺師フェーリクス・クルルの告白(下) (光文社古典新訳文庫)

制作 : Thomas Mann  岸 美光 
  • 光文社
3.64
  • (2)
  • (5)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 76
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (409ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334752378

作品紹介・あらすじ

クルルはある青年貴族の身代わりとなってリスボンに向かう。車中、古生物学者のクックック教授と同席し、地球の生命と宇宙の生成について講義を受ける。クルルは深い感銘を覚えるが、一方で教授の娘にも魅了され…。稀代の詐欺師クルルの身に、予想外の展開が。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2011-10-21

  • ユングやアーレントなど、ドイツ語圏の本を読んでいるうちに、なんとなくトーマス・マンにたどりつく。

    マンは、北杜夫経由で読み出して、高校時代にハマっていたのだが、だんだん重厚長大な感じに疲れて、長らく遠ざかっていた。

    光文社ででているエロス3部作?(「ベニスに死す」「だまされた女/すげかえられた首」)が面白くて、その勢いで「詐欺師フェリークス・クルルの告白」に進む。

    こちらも、なんだかエロスな話しで、面白いです。マンの重厚長大、質実剛健なイメージがかなり書き替えられたな。

    この小説は、1910年に構想され、書き始めるのだけど、別の作品のアイディアがでてくると、執筆がとまり、落ちついたらまた書き足す、みたいな感じで延々と書きつがれ、最終的にはマンの最後の長編になったもの(1954年に出版)。というもののお話としては、まだまだ始まったばかりの感じで、最初の構想からみれば、きっと3分の1くらいか、4分の1くらいかな。

    本人の健康状態を考えれば、これが最後の作品になるだろうことは十分認識していたはずで、当初の構想の全部を書き上げることはできないことは意識しつつ、最後に書く長編にこれを選んだってのは、なんだかスゴいですね。

    そこまでして書かれたこの作品に、人生の最後を飾るみたいな感じはなくて、結構軽くて、エロスがあって、ピカレスクで、楽しいんだよね。

    なんだか、マンに親近感を感じた。う〜ん、しばらくハマるかも。

  • マンが生涯通して書き、遂に完成しないままとなった作品。

    タイトルの通り、フェーリクス・クルルの独白形式の本で、序盤の幼少期の回想は多少読み進めづらい。それでも中盤以降にある、パリ・リスボンの街並みやそこでの人々をクルルの視点で観察・分析しているところなどは、具体的かつ詩的で読んでいてとても惹かれる。世界旅行の序盤途中で終わってしまっているのがひどく残念に感じる。

  • 系推薦図書 総合教育院
    【配架場所】図・3F文庫・新書 【請求記号】080||KO

  • そのとらえどころない美を掴もうとする言葉の奔流は僕の琴線に触れた。
    詐欺師クルルが自分の世界漫遊見聞を饒舌に語るという、トーマス・マンが生涯書き綴って、結局第一部しか完成しなかった作品。
    だけど、神は細部に宿る。
    読んでいるこちらもオイオイと思う程の饒舌な語りから立ち表れるのは、愛について、生命について、宇宙について、美について、要するに「はかなさ」。クルルや登場人物たちの言葉や仕草、社会や風景等々の描写は、それを批評するためにあるのでは無く、細部に美を感じるためにある。

  • 大風呂敷を広げながら未完の自伝風小説というと即座に「トリストラム・シャンディ」を思い出す。
    あちらよりも、より物語的でより狙いが明確。
    マンは面白いものとどうにも読み進められないものとの差が激しい。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

【著者】トーマス・マン(Thomas Mann)1875年6月6日北ドイツのリューベクに生まれる。1894年ミュンヒェンに移り、1933年まで定住。1929年にはノーベル文学賞を授けられる。1933年国外講演旅行に出たまま帰国せず、スイスのチューリヒに居を構える。1936年亡命を宣言するとともに国籍を剥奪されたマンは38年アメリカに移る。戦後はふたたびヨーロッパ旅行を試みたが、1952年ふたたびチューリヒ近郊に定住、55年8月12日同地の病院で死去する。

「2016年 『トーマス・マン日記 1918-1921』 で使われていた紹介文から引用しています。」

詐欺師フェーリクス・クルルの告白(下) (光文社古典新訳文庫)のその他の作品

トーマス・マンの作品

詐欺師フェーリクス・クルルの告白(下) (光文社古典新訳文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする