ねじの回転 (光文社古典新訳文庫 Aシ 6-1)

  • 光文社
3.35
  • (15)
  • (31)
  • (51)
  • (11)
  • (5)
本棚登録 : 432
感想 : 49
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334752552

作品紹介・あらすじ

両親を亡くし、英国エセックスの伯父の屋敷に身を寄せる美しい兄妹。奇妙な条件のもと、その家庭教師として雇われた「わたし」は、邪悪な亡霊を目撃する。子供たちを守るべく勇気を振り絞ってその正体を探ろうとするが-巧緻きわまる構造から紡ぎ出される戦慄の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読みたかった本。立派な屋敷に家庭教師として雇われたわたし。奇妙な雇用条件に反し美しく素直な兄妹、邪悪な亡霊の出現と前任者のスキャンダルとものすごく煽る。のだがはっきりとわからないまま事態が進み唐突な結末に取り残された感。

  • まずは自画自賛から

    いやー面白かった
    そしてこの物語を面白いと感じられる自分、なかなかの読書人ではなかろうか

    非常に読む側の技量を試される物語だと思いました
    読む側の技量って何か知らんけども

    多くのことを読み手の想像力に委ねてくるんです
    それでいて空白が少ないんですね
    非常に緻密に計算しつくした上で必要最小限のことしか語ってないんですが、とてもたくさんのことが込められていて、読者はその想像力の及ぶ範囲で様々なことが読み取れる文章に感じました

    読む人によって怪奇物語であったり、謎解きミステリーであったり、恋愛物語であったりとくるくると姿を変える物語
    そしてそれは全て意図して書かれている
    さらに言えばいろんな人の感想を聞いてみたい物語でした

    短い物語なんで是非とも手に取って頂きたいなと思いました
    特に19世紀のイギリスの文化や階級社会なんかの歴史的背景に詳しい人が読んだらさらに色々なことが読み取れるんじゃないかと思い、またちょっと違う沼にはまりそうで恐いですw

    それにしても『光文社古典新訳シリーズ』凄いなこれ
    歴史に残る古典の名作を新訳で読むってことに完全に魅入られたてしまった気がします
    どんどん読むぞ、待ってろ光文社!

    • おびのりさん
      新潮文庫もどうぞ宜しく
      新潮文庫もどうぞ宜しく
      2023/02/19
    • ひまわりめろんさん
      なんの営業やねん
      新潮文庫はしおりひもがあるくらいしか魅力を感じない
      訳は光文社だね
      なんの営業やねん
      新潮文庫はしおりひもがあるくらいしか魅力を感じない
      訳は光文社だね
      2023/03/02
  • わー!わぁぁああーーー!
    読後、リアルに叫びました。そうなるのか!そうくるのかぁ!!
    世界観がゴシックホラーで、イギリスのあのじめっとしたそれでいて美しい田舎の空気感が感じ取れるので、大好物でした。
    言葉の使い方も絶妙で、ねじの回転が一回転でも多く回れば、そりゃぎりっと奥に押し込まれるよね!そんなふうに表現するの、すごいね!!って、驚きばっかり。
    気になる表現は山のようにあるし、平凡な自分には永遠に生まれないような言い回しにはただただ、感心するのみです。
    おもしろかった。もし、ラストネタバレされてたとしても、きっと同じように驚いて叫んでた気がします。

  • いまいちよくわからなかった
    評価が高い有名な本だから、自分の側の読解力の問題か
    どんな話なのかさえうまく噛み砕けなかった

  • 19世紀から20世紀にかけて活躍したヘンリー・ジェイムズ中期の傑作。ゴシックホラーの様式を借りながら、無意識や語られぬもの=幽霊を巡って狂わされていく家庭教師とその家の子供2人。
    Netflixでドラマ化されたように、単純にホラーとして読むことができる作品である一方で、怖いのは亡霊が出てくるからではなく、亡霊の出現を契機として破綻をきたしていく、家庭教師と2人の子供の顛末だろう。解説で言及されているように、それは19世紀末に登場したフロイト理論や心霊主義の影響を色濃く受けていて、どことなく亡霊によって狂わされていくマクベスを思い出させる。
    著者のヘンリー・ジェイムズのお兄さんは哲学者のウィリアム・ジェイムズであり、とんでもなく文化資本を持つ家に生まれた人。解説によると『鳩の翼』『大使たち』『金色の盃』が後半期における傑作小説も面白いようなので、入手して読みたいと思う。今作自体も再読すると新たな発見がありそうなので、機を見て改めて読みたい。

  • セクシュアリティ、階級、社会構造をいろんな視点から見て、いろんな解釈を読者に与えるような本だと感じた。
    面白かった。

  • 幽霊小説でありながらセクシュアリティが中心に描かれており、本当に起こったことを描いているかのように妙にリアルで興味をそそられる内容であった。

  • 宿泊者がクリスマスイブにを怪談を語る。一人が女性家庭教師の手紙を読む。手紙の中で女性は幽霊から子供たちを守ろうとしている。本当に幽霊はいるのだろうか?

  • 怪奇が起こる屋敷についての話だと思って読み始めたけど、だんだんこの語り手が恐れている亡霊は二人の子供たちに迫る「性の目覚め」を象徴するものなんじゃないか?という気がしながら読んだ。解説を読むに当たらずも遠からずというか、いろいろな解釈が可能であるように書かれた話のようで、怪奇の正体に思いをめぐらせて楽しんだ読者としては、書き手の狙ったとおりというところか。

    巻末の訳者あとがきが軽快で地味に楽しい。読みやすい訳文で、原文の難解さはだいぶ緩和されていたのでは。

  • 訳:土屋政雄、解説:松本朗、原書名:THE TURN OF THE SCREW(James,Henry)

全49件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

Henry James.1843-1916
19世紀後半~20世紀の英米文学を代表する小説家。
主要作品に『デイジー・ミラー』、『ある婦人の肖像』、
『ねじの回転』、『鳩の翼』等。
映画化作品が多いが、難解なテクストで知られる。

「2016年 『ヨーロッパ人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヘンリー・ジェイムズの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×