ニコマコス倫理学(下) (古典新訳文庫)

  • 光文社
4.20
  • (5)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 108
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (556ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334753245

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 丁寧な翻訳で、読みやすかったです。各章のタイトルや注釈、上下巻の解説など、理解をサポートしてくれる仕組みがふんだんに盛り込まれていました。こういう新訳は大歓迎。(反対なのは、読みやすさだけを標榜して、先行研究をまったく考慮してない職業翻訳家の雰囲気だけの新訳。ああいうのは迷惑なんですよね)
    この上下巻の本を読んで、直接的に自分の生き方が変わったり、人生の悩みに答えが出るなんてことは、あまりないと思います。でも、この本の価値はそんな安易な啓発本みたいなところにはありません。
    本書の結論だけを知りたければ、わざわざ全体を読む必要はありません。数多ある解説書や、哲学事典を紐解けばそれで事足ります。翻訳ではありますが、原典をしっかり読むのは、その結論に至る過程、分析手法などを知りうるというところに醍醐味があると思います。
    通読してみて思ったのは、課題や問題に対して、与えられた情報を分析・整理して、論理を組み立てながら結論へと導いていく。その記述スタイルが楽しかったです。これが、2000年以上前に書かれた本ですからね。小手先の概念整理方法をだらだら記述しているような、しょうもないビジネス本、啓発本を読むくらいなら、この本をしっかり読んだほうが絶対にいいと思います。あと、この翻訳者が工夫しているポイントを、他の翻訳と比べて検討するのも役立つでしょう。
    ハイデガーの『存在と時間』を、ニコマコス倫理学の現代的な再解釈と評するひともいたように思いますが、さすがにそれはちがうと思います。ただ、いわゆるナトルプ草稿で本書第6巻のフロネーシスの分析を解釈している部分があるのは事実。本書と『存在と時間』の関係については、いろいろ論じることができるでしょう。ナトルプ草稿、読み直さなきゃ・・・。(2018年4月7日読了)

  • 上巻では人柄に関す徳の話が続いたが、
    下巻では下記の内容でバラエティに富んでいる。
    6章「知的な徳」7章「欲望の問題」
    8~9章「愛について」10章「幸福論の結論」

    6章では魂自身の性向として
    「技術」「学問的知識」「思慮深さ」「知恵」「知性」
    の五つの性向に分けてそれぞれ解説している。
    正しい行動のためには「思慮深さ」が必要だが、
    「思慮深さ」は全てを支配下に置くわけではなく、
    各々の性向は別物であるという結論を出している。

    7章では抑制のなさと快楽を追及して、
    抑制の無い人の快楽には苦痛が伴うが、
    美しいものを愛したり、立派な行動をしたり、
    という快楽には苦痛が伴わないと結論を出している。

    8~9章はちょっと毛色が変わり愛について説き、
    人が人を愛する理由を「有用さ」「快楽」「人柄」
    の3つに分けて、「人柄」が最も優れたものとし、
    善き人々の間でお互いに善を願い合うのが、
    愛として完全なものだという結論を出している。

    10章はまとめとして幸福は「徳に基づく生活」
    であるという最初の結論に立ち返り、
    そのままそれを実現するための政治の話が展開され、
    アリストテレスの別の著作である「政治学」に続く。

    現代でも人間そのものの本質は変わっていないので、
    どう生きるか考えるのに大いに参考になる講義だろう。
    特に8~9章は内容もそれほど難しくないため、
    色々な人に読んで欲しい内容である。

  • 往復の電車の中だけで読んでいたら、上巻と合わせて丸々一ヶ月かかった。この本の解釈は二千年以上議論されてきたわけなので、そんな簡単に感想が書けるわけもないのだが、「抑制のなさ」の考察はあまり成功していないような気がした。

  • きつかった。フィリアの章はともかくとして残りはどうしてそんな問題意識が持てるのかもよくわからず半分も理解できてなかったのでは。概説を読んで事前知識を仕入れていたから有名な箇所はノリノリで読めたけど上を滑ってるだけで結局本質的な把握にはつながっていない感じがする。いちばん気になるのは,誤読かもしれないけど,アリストテレスが言う「善い」ということの説明の中に「善い」そのものが密かに混入していて,ちゃんと説明できてないように感じられること。翻訳は懇切丁寧でとてもよかった。

全4件中 1 - 4件を表示

アリストテレスの作品

ニコマコス倫理学(下) (古典新訳文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする