戦う操縦士 (光文社古典新訳文庫)

制作 : Antoine de Saint‐Exup´ery  鈴木 雅生 
  • 光文社
4.10
  • (3)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 63
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334753726

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人は何のために生きて、何に命を賭けるのか。
    人間とは?個人とは?
    戦争体験から生まれた思考はとても哲学的で、はっとさせられる記述もあり、すぅっと読めます。
    やはりサンテグジュペリは面白い。
    ぜひ。

  • 1940年5月-6月のドイツによるフランス侵攻のさなか、
    3人乗りの偵察機の機長としてフランス軍に従軍している人物
    (ほぼサン=テグジュペリと同一人物)の一人称による
    思索的小説。

    敗色濃厚のフランスで、主人公は前線付近の偵察のために
    飛び立っていきます。
    高高度による影響により機械あるいは身体に不調が現れ、
    ドイツ軍の戦闘機隊の襲撃をかわしながらも、
    なんとか偵察を終え主人公は帰還します。

    死が日常のこととして眼前にある状況で、
    自分が行う偵察は大勢にはなんら影響を
    及ぼさないことを知りつつ飛行する主人公。
    自分は何のために戦うのかを自問するなか、
    「人間」のために戦うのであるという
    回答を見出します。

    ただ、ドイツの側も別の立場から「人間」のために
    戦っていたのであり、そして、この考え方はえてして
    「相手は人間ではない」などといった考えに
    なりがちなのは注意しなければなりません。
    そして結局、戦争とは
    勝利したほうが「人道的な存在」であり
    敗北したほうは「非人道的な存在」となる
    という現代の現実が存在します。

  • 原書名:PILOTE DE GUERRE

    著者:アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ(Saint-Exupéry, Antoine de, 1900-1944、フランス、作家)
    訳者:鈴木雅生(1971-、フランス文学)

  • 解説にあるように、これはまさにイニシエーションの、通過儀礼の本だ。
    こんなあからさまに素直な言葉を重ねていけるものかと驚いた。

    人は肉体でもなく精神でもなく、行為だ、というあたりは感動した。プラトンよりもアリストテレスよりもデカルトよりも《人間》なのだ。

    出撃というイニシエーションを通して全く世界が別のようにみえるその前とその後を描いている。
    後半は正直言って、ちょっと長い。これは時代の、状況のズレによるものなのか、前提とするものが少し違うし、重ねるべき言葉の量も違うのだろう。

    人は行為のなかにある。

全4件中 1 - 4件を表示

戦う操縦士 (光文社古典新訳文庫)のその他の作品

戦う操縦士 (光文社古典新訳文庫) Kindle版 戦う操縦士 (光文社古典新訳文庫) アントワーヌ・ドサン=テグジュペリ

アントワーヌ・ドサン=テグジュペリの作品

戦う操縦士 (光文社古典新訳文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする