八月の光 (光文社古典新訳文庫)

  • 光文社
4.53
  • (11)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 103
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (768ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334753764

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • おもしろい小説や物語なら古典でも世界中のどこでもわりと好き嫌いなく読むたちですが、そんな私にもなぜかアメリカ南部の作家にはちょっぴり尻込みしてしまう何かがあります。南北戦争、人種差別や女性差別の軋轢、土地に縛られた古い因習や閉塞感、ユーモアとは縁遠いグロテスクなさま……幾重にも重なっているせいなのか?

    それまで南部作家のストウやオコナーでだいぶ悄然としていたわけですが、先日学生いらい久しぶりにマーク・トウェインの作品に触れてみると、その可笑しみやひたむきさにむくむく南部気分も高まり、それじゃウィリアム・フォークナー(1897~1962 米国ミシシッピ州 1950ノーベル賞)でも読んでみようかな! と思いつつ、しかし初読のチョイスを間違えると再起不能になりそうでひどく怖い……ぐだぐだぐだぐだしていたところに、困ったときの(困ってないときも)ラブリー黒原さん訳を発見! あぁ感激のなみだ。

    本作を読了してみると、やはり食わずに尻込みしているのはもったいない、美味しいものを食べそこなってしまいます。最後まで一気に読ませる圧巻の作品に感激しました。

    白人なのか黒人なのかわからないジョー・クリスマスを中心に、その相棒の軽薄男ルーカス・バーチ、彼の子を宿したリーナ・グロー、さらに彼女に一目ぼれしたうぶなバイロン・バンチと彼のメンター役となる元牧師ハイタワーといった、多彩でどこか不安定で一筋縄ではいかない人々の群像劇。

    ヨクナパトーファ郡というアメリカ南部の架空の町からフォークナー作品が次々と生み出されていきます。南北戦争の敗残、人種差別と因習という歴史にくわえ、第一次世界大戦がもたらした機械化・科学テクノロジーの飛躍、資本主義の台頭、家族や故郷の崩壊といった時代背景を陰に陽にたっぷり盛り込んでいます。リアリズム小説かと思いきや、ときに意識は流れ、呪術的で幻視者のみるような情景や、広く深く読みごたえのある仕上がりに息をのみます。

    とりわけ目が離せなかったのは元牧師のハイタワー。そのモデルは英雄だった曽祖父や祖父に畏敬の念を抱いていた現実逃避気味のフォークナー自身だったのかもしれません。ある程度の人生経験を経てみなければわからないであろうハイタワーの形容しがたい悲哀と滑稽さを温かい眼差しでながめました。それとともにリーナのようなしなやかな女性の存在には驚嘆します。因習に縛られ、古き良き時代への郷愁に恋々としている男たちをよそに、生まれてくる子どもと未知の時代を進んでいく、ある種の傍若無人な若さと野性美にあふれたリーナがひときわまばゆい。

    中野氏の解説はとてもわかりやすいですし、訳者黒原さんのわくわくするような視点(解説)も愉しい。ダブル解説はお得感満載♪   
    フォークナーはバルガス=リョサや大江健三郎といった世界の作家たちに多大な影響を与えた作家らしく、確かに彼の作品をいくつかながめてみると、なるほどなるほどと膝を打ちます。また要所要所に描かれた細かいのに決してくどくない情景描写の美しさ、意識の流れによる剛毅な場面転換……なんだかフォークナーの作品は壮大な映画のようです。

    これからもいくつかの作品を追っかけてみたい魅力的な作家です。また以前から気になっていたほかの南部作家に対する勇気や興味もわいてきました。これだから読書はやめられませんね(^^♪

  • 主要人物のだれもが奇妙にバランスを欠いて危うい様子に引き込まれるようにして読んだ。読み終わっても把握できた気はしないけれど、彼らがそのようにあることが真に迫っていて、わかりたい気持ちが今も残っている。彼ら以外の町の人たちの語りも味わい深い。誰もテンプレートにのせて話さない。いつまでも聞いていたい話し方。

    最も多くページを割かれるジョーには、(もしかしたら自分でかけてしまった)呪いが人を殺すことが本当にあるかもしれないと気づかされた。村上春樹の「鼠」の弱さや、中上健次の秋幸の頑なさが長年理解できなかったのだけれど、なんだか少しわかったような気がする。根拠がどうであっても、それを抱えては生きていけなくても、リセットできない人の在り方があるのかもしれない(それでも、リセットしちゃえよ~って思っているけれど)。

    長年「フォークナーの小説は長大で誰が何を言っているのかわからない」と思い込んでいたのだけれど、黒原さんの新訳は読みやすくほどよく注が入っており、もう全部黒原さんの訳で読みたい!という気持ちになった。フォークナーに手を出しかねている人から次に読む本が特に決まっていない人まで、全方位におすすめしたい。

  • ノーベル文学賞受賞のフォークナーの代表作。アメリカ南部の田舎町ジェファスンを舞台に、外見は白人でありながら黒人の血を引くクリスマスと天真爛漫な生粋の南部娘であるリーナの物語を主軸に(しかし交わらずに)アメリカが抱える澱みを描く。

    本作品を理解するにはそもそもの時代背景を知る必要がある。北東部では新たな跳躍の希望を抱き、対する南部では依然として閉塞感と黒人差別が残り禁酒法下の鬱憤とした時代、相反する感情を伴いアメリカとして自信が揺らぎいいしれぬ怒りが漂う時代。それらを端的なメタファーを用いるでもなくカタルシスを生み出すでもなく、直接的描写をしつつも明確にはせず重奏的に物語を紡ぎ出す。

    正直一度読んだだけでは理解できたとは言い難いが本作が持つ迫力と凄みが伝わってくる。少し時間をおいて再読したいと思う。

  • 街の中に暮らす様々な人たち。彼らはみんなどこか愚かで、どうしようもない。そのどうしようもなさが、リアルで、自分の中にもあるものとして感じられる。
    閉塞感や孤独、回復できないほどの精神的傷なんて、現代社会に限るものではないんだと思った。どうやって、より良い社会を築けばいいのか、途方にくれる。
    ワインズバーグ、オハイオの後に読んだのは、正解だった。

  • 真正な意味で文学とはフォークナーのそれのことだ。
    新潮社/加島は読んだ。

  • ■ジョー・クリスマス・・・・・・クリスマスの祖父は完全に頭がイカれていた。それが元凶だったのだろうか、クリスマスは巨大な狂気を抱え込んで生まれてきてしまった。攻撃対象に自他を区別しない強烈な破壊衝動。常にアイデンティティ崩壊の瀬戸際でいようとするギリギリの精神状態―――。クリスマスは自分には「黒んぼ」の血が混ざっているとわざわざ公言した上で、暴行、放火、殺人を繰り返す。そんなものだから当然、目も当てられないような悲惨な最期を遂げることになる。
    ■ゲイル・ハイタワー・・・・・・天性の宗教的ヒステリー気質を持つ。自分の理想である祖父が最後、しがないにわとり泥棒として撃ち殺されたという事実が大きなトラウマとなっている。そもそも他人と快活に交際するという能力に欠けている。結果、ハイタワーはとくに悪人というわけではないけど、恥辱にまみれた人生を送ることになる。今は人付き合いを断って引きこもり生活を送っている。
    ■ルーカス・バーチ・・・・・・軽口ばかりたたいて仕事もろくにしない。ケチな犯罪を繰り返しながら女をコマすしか能がない。女に言い寄られると一目散に逃げだすだけ。一介のアホ。
    ■リーナ・グローヴ・・・・・・臨月でありながら、裸足で数百キロの道を、赤ちゃんの父親であるルーカス・バーチを訪ねて歩く。その天真爛漫な人柄から周囲の人たちは彼女に援助の手を差し出す。が、このキャラクターがどこまで本物なのか、彼女もどこまで狂っているのか、それはよくわからない。
    ■パーシー・グリム・・・・・・物語終盤に突如出てきた、大江の『セヴンティーン』の南軍版みたいな国粋主義者。パーペキに狂っている。
    ■サイモン・マッケカーン・・・・・・クリスマスを孤児院から引き取った彼の養父。聖書の名のもとに幼いクリスマスを非情に抑圧し続ける。その狂った言動には毫ほどの反省も感じていない(一方のクリスマスも全く譲歩する気配さえ見せないのだが)。最後、公衆の面前で、成長したクリスマスに頭を叩き割られ、五体投地して死ぬ。

    ―――というわけで、どいつもこいつも強烈にイカレている。特殊な社会情勢、時代背景があるので当時のミシシッピーは狂人ばっかりだったのだろう、それはそれでいいのだが、クリスマスとハイタワーだけをあまりにも不当に扱い、その敵を厚遇しているような物語上の設定がちょっと引っかかった。どうせみんな平等に狂ってるんだからその中でエコひいきなしに物語を展開してほしかった。
    ―――物語の中でリーナ・グローブの周りだけがぽっかりと明るい。作者の意図はクリスマスと対比させたかったということなのだろうか、よくわからない。ぼくには、狂人たちの中にあってひとり明るさを失わないリーナが逆に、底意の見えない最もうさんくさい女に思えてならないのだがどうだろう。

  • <図書館の所在、貸出状況はこちらから確認できます>
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=338350

  • 訳注も親切で読み易さバツグンの黒原訳にも関わらず、難儀した。読むのに難儀したというよりも、む?どう受け止めよう?と。
    昔読んだのにすっかり忘れていて、こんな話だっけ?というのと、誰の立ち位置に立てばいいんだ?という戸惑いで、終始頭の中がグチャグチャだった。

全8件中 1 - 8件を表示

ウィリアムフォークナーの作品

八月の光 (光文社古典新訳文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする