怪談 (光文社古典新訳文庫)

  • 光文社
3.40
  • (2)
  • (0)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 72
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334753801

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 児童向けのリライト版以来『怪談』を読むのは初めてで、「蕎麦」=パスタの“ヴェルミチェッリにやや似ている”とか、「仏壇」=“仏教徒の家庭にある祭壇”など、西洋人を対象に書かれた注釈を交えて読んでいると、子どもの頃にあたりまえになじんでいた世界がエキゾチックに見えてきて新鮮。品のあるなめらかな訳はとても読みやすい。昆虫エッセイ「虫の研究」を併録。『骨董』も読みたくなった(1904)

  • ろくろ首がイメージとちがうな。耳なし芳一、怖い。

  • 他の話は有耶無耶になったり不思議だなぁって話が多い中、「ろくろ首」だけ力技で倒してるのがツボに入った
    最後の訳者の昔話が怖かった

  • 【貸出状況・配架場所はこちらから確認できます】
    https://lib-opac.bunri-u.ac.jp/opac/volume/742551

  • 誰でも恐らく1度は読んだことがあるであろう、小泉八雲の『怪談』が新訳で。考えてみれば、1冊まるまる読んだのは初めてかもしれないな〜。

全8件中 1 - 8件を表示

ラフカディオハーンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウンベルト エー...
宮部みゆき
劉 慈欣
米澤 穂信
オスカー ワイル...
フランツ・カフカ
ミヒャエル・エン...
スタニスワフ・レ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×