カルメン/タマンゴ (古典新訳文庫)

  • 光文社
3.50
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 62
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334754075

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 本編の3章に付け加えられたジプシーに関する補足説明の第4章の是非について。これはカルメンという破天荒な女を捉える補助線だが、第1章も考古学者による客観視点が小説の導入部分になっている為、全体構成としてはさほど違和感が無く、小説の背景を知る上で親切なエピローグに感じた。語り手が転換し後半部が主人公の告白になるところや、嫉妬のリアルな心理的描写などは、後年の漱石の「こころ」と似た要素があり興味深い。カルメンのオペラを観て、原作を未読だとしたら、ストーリーの差異、殊にカルメンのキャラクターの変遷ぶりを楽しめるだろう。訳文もスムーズで古典を意識せずに読める。

  • 「カルメン」は、オペラで感じるような男女のもつれの悲劇というより、ロマやバスク人といったマイノリティの欧州での地位や彼らの信仰についての考察の中に男女の物語が織り込まれたような一編だと感じた。語り手は欧州あちこち出向いてマイノリティについて調べたメリメ自身の姿が投影されている。「タマンゴ」の役は訳者自身が解説で述べている通り確かに堀口大學訳と比較して陰影と品格を感じはするが、堀口同様やや言葉の使い方が洗練されてはいないものの中公文庫の杉捷夫訳の方が状況を表現できているように思った。いずれも読み応えがある物語だが、本作は全体を通して物語の翻訳というより、自身の研究成果のサブテキストとしているような印象で、訳より解説の方が力が入っているように読めた。だからなおのことなのか、論争のあるカルメンの第4章が3章までより読みやすく、解説もいかにも研究者らしい内容だがこちらも物語本編以上に読み応えがありすっと頭に入ってきた。オペラを見たり小川洋子さんのラジオ番組「パナソニック・メロディアスライブラリー」を聞いた後間をおかずに読めばよかったなとちょっと後悔。さらに印象が比較できたのに。
    また私が読んだ2019年8月発行の初版第1刷では、解説のp.203でユゴーの作品に触れて当時の人種概念についての見解を述べているが、10行目で本文中の訳注を(9ページ)としているが、訳注があるのは15ページ。光文社さま、再販があれば訂正を。

  • 【所蔵館】
    総合図書館中百舌鳥

    大阪府立大学図書館OPACへ↓
    https://opac.osakafu-u.ac.jp/opac/opac_details/?reqCode=fromlist&lang=0&amode=11&bibid=2000940723

  • 【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/519608

  • 短篇の『タマンゴ』とビゼーのオペラの原作『カルメン』の2作品。
    『カルメン』はオペラとは登場人物や設定が大きく違っていました。カルメンとドン・ホセの関係がすごく濃厚に感じました。
    翻訳者の註で単行本化した時に第4章が足されたとありますが…何故足したのか、物語の余韻がいきなり切り落とされてしまう残念さにがっかりでした。
    訳はテンポが良く、とても読みやすかったです。

全5件中 1 - 5件を表示

メリメの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウンベルト エー...
凪良 ゆう
ヴィクトール・E...
カレル・チャペッ...
劉 慈欣
森見登美彦
有効な右矢印 無効な右矢印

カルメン/タマンゴ (古典新訳文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×