聊斎志異 (光文社古典新訳文庫)

  • 光文社
4.00
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 76
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (656ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334754396

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「聊斎志異」は機会があれば繰り返し読んできました。妖とか幽霊といった、この世のものではないのだけれど絶世の美女が不意にやってきては共寝します。あとは、儚くなってしまったり、富貴をもたらしてくれたりと不思議の世界です。黒田真美子さんがセレクトされた珠玉の作品が43編。かっぱえびせんかマックのフライドポテトのように、やめられず止まりません。しばし、異類の怪異世界に入り込んでいました。

  •  岩波文庫では読んだことがあるから、再読になるのかな。感覚的にもっと荒唐無稽な話だったような気がしていたのだけど、普通に荒唐無稽な話だった。普通にというのも妙な言い方だけど。

     妖怪(とは言わないのかな?)や幽霊が出てくる話が味があってそれぞれ面白い。ただ怖かったり気味が悪かったり人にとって良くないものだったりするわけではなくて、情のあることもしてくれたり、利益をもたらしてくれたり、なかには恋愛して結婚してしまうものまであったりする。怪異がそこに息づいている様子は、日本の古典などとあまり変わらないのかなと思ったりする。

     なかでも気に入ったのは、「〈幽〉の巻」の「1 王六郎」。いや、もう、これ、ラブだよね! ラブでいいと思うのですよ!(←恋愛脳)

  • 清代の中国怪異小説集。
    怪異は怪異として、人間のデフォルメされ方もすごい。特に妻が夫を虐待する場面の凄まじいこと。古典ということでなんとなく勧善懲悪調の先入観をもって読み始めるとびっくりする。
    また、ひとつの話にいくつも不思議要素が盛り込まれていることもある。天界の姫に気に入られて結婚する話(p428)では、中盤でたまたま主人公の仲良くなった隣人が実は義賊であったことが分かる。姫と賊の登場には物語の中で特に因果はなく、現代の小説だったらストーリー上の謎は絞り込めと言われそうだ。

  • 異世界のものたちが当たり前のように現世のものと交わる幽玄譚。かなり昔にも読んだ記憶はあるが選ばれている話が異なるよう。今回の新訳はとても読みやすい。

  • 【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/538967

全7件中 1 - 7件を表示

蒲松齢の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
パオロ・ジョルダ...
ピエール ルメー...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×