子猫探偵ニックとノラ (光文社文庫)

制作 : 中井京子 他 
  • 光文社 (2004年12月10日発売)
4.00
  • (6)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :23
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334761486

子猫探偵ニックとノラ (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 猫がキーになるミステリ短篇集。9作品収録。
    今ひとつ自分には合わなかったかな。比較的柔らかめの作品が多かったけど、話がすっと入ってこないというか…。
    「猫」ってくくりだけで全体に統一感がないのが原因なのかな?
    猫が小道具だったり主人公だったりで混乱はした。
    アンソロジーゆえのバラエティさが自分には裏目に出たんだろうな。表題作は面白かった。

  • 探偵もので猫ときたら、買うしかないでしょう!!アンソロジーで、9つの短編が収録されています。どの作品にも、もちろん猫が出てきます。全部海外のミステリなので、好き嫌いはあるかも。ワタシのお気に入りは、『ドクター・カウチ、猫を救う』かな♪安楽椅子に座って、孫娘に自分がかかわった事件のお話を聞かせるドクター・カウチ。殺人事件なんだけれど、孫娘にも推理させながら、優しく楽しくお話してくれる、獣医のお爺ちゃん。ワタシの中の想像では、メガネをかけておひげもあって、恰幅がいいお爺さんで、いつもパイプかなにか吸っている感じかな♪

  • 「好奇心は猫をも殺す」、「猫に九生あり」なんて言われる猫はミステリにぴったりの動物かも。「猫を殺さば7代祟る」とも言いますし、ホラーにも向いてますね。そんな猫たちが出てくる9編の物語。純粋なミステリからロマンチック・サスペンス風、ユーモアたっぷりのものまで色々入ってます。それぞれの物語に出てくる猫たちも個性的。探偵役もいれば事件の鍵となる子もいて、皆魅力的です。特別アクの強いものがないかわりにさらっと読めるので、読書に没頭できる時間がなくても楽しめました。

  • 光文社から出ているミステリー季刊誌「ジャーロ」から、海外ネコミステリーを集めたアンソロジー。
    西洋のことわざ「ネコは九つの命を持っている」にちなんで、9編が収められている。

全4件中 1 - 4件を表示

子猫探偵ニックとノラ (光文社文庫)はこんな本です

ツイートする