背教者カドフェル―修道士カドフェル20 (光文社文庫)

制作 : 岡 達子 
  • 光文社
4.00
  • (10)
  • (7)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 57
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (391ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334761660

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 作者にとっては図らずもなのかもしれませんが、それでも最終巻にふさわしいお話でした。
    カドフェルとオリヴィエ親子、可愛いな、もぉ!

  • カドフェルシリーズのベスト。

  • 長年にわたる内乱でイングランドは疲弊していた。だが、ようやくその大混乱のなかにも明るい兆しが見えはじめていた。コヴェントリーの地で和平会議がもたれることになったのだ。カドフェルはその会議への出席の許可を修道院長に申し出た。だが真の目的は、捕虜として囚われの身となっている我が息子オリヴィエの行方を捜しだし、救出することにあった。しかしそれはまた、背教者となることも決意したうえでのことだった…。シリーズ最終巻。

    原題:Brother Cadfael's Penance (1988)
    訳者:岡達子

    現代教養文庫(1996.01)
    光文社文庫(2006.03)

  • 某所でおすすめされていたのを見て。
    これをきっかけに海外の歴史ミステリーブームに。
    ストーリーにヘンなひねり(昼ドラ的な)がないところと、カドフェルをはじめとした安定したレギュラー陣で、安心して読み進められる。
    新しい修道院長は魅力的なキャラクターだが、そのため修道士であるのにカドフェルが事件を解決するにあたっての障害がほとんどない(副院長のみでは。。。)のがシリーズ後半になると物足りなくなった。そういう意味ではラスト2巻で舞台が移ったのは良かったのかも。
    最終巻はカドフェル士ファンとして本当に良かった!
    作者が亡くなってしまって続編が読めないのは残念だが、結果的にすっきり終わることになっている気がする。

  • 父子の関係になんらかの結論が出て、かつカドフェルの人生にもなんらかの結論が見出された本作。
    奇しくも、作者がこの世を去る前のカドフェル最後の作品となりました。
    自分にとっても感慨深い一作になりました。

  • (2010-07-09)

  • 修道士カドフェル・シリーズ20冊目。

    シリーズ最終巻は父と息子の物話です。
    はこの巻で、カドフェルシリーズの長編が終わってしまうのはなんとも寂しい限りです。

  • シリーズ最終巻・・・<BR>
    <BR>
    1145年も終わりに近づく頃、スティーブン王とモード女帝は、司教の仲介によってコヴェントリーで和平会議を持つことを承知した。その頃、モード女帝の忠臣ロバート伯爵の息子フィリップが突然スティーブン王に寝返り、自らのファリンドン城を戦闘員ごと明け渡していた。知らせを受けたシュルーズベリ執行長官ヒューは、捕虜となったはずの戦闘員のリスト中に、行方不明者としてオリヴィエ・ド・ブルターニュの名前を見つける。彼は、カドフェルが、かなた十字軍の地でもうけた息子だった。カドフェルは、例え背教者となっても行方不明の息子を見つけ救い出したいと、和平会議に出席するヒューに同行した。道中、同じくオリヴィエの行方を追うイーヴに出会った二人だったが、コヴェントリーの修道院で、イーヴはファリンドン城代ブライアン・ド・スーリを見つけ、襲い掛かった。司教によって叱責された二人だったが、直後にブライアンは刺殺され、犯人と目されたイーヴはフィリップに連れ去られる。イーヴとオリヴィエの行方を追うカドフェル・・・・何故、オリヴィエの行方は分からないのか?そして、イーヴは犯人なのか?大きな歴史のうねりの中で、人々は愛と真実を追い求める・・・<BR>
    <BR>
    この作品を書いたほぼ一年後、作者のエリス・ピーターズは永眠されたそうです。<BR>
    次回作も用意されていたとのことですが、この作品は、シリーズを締めくくるために書かれた、と言ってもいいぐらい。<BR>
    ここまで何回かめぐり合いながら父とは名乗らなかったカドフェルが、息子を救うため、修道院での生活まで投げ出そうとします。そしてまた、もう一人の息子フィリップの愛と理想と苦悩も描かれ、王と女帝との戦争の枠組みの中で生きざるを得なかった彼らの苦しみ、悲しみが胸に迫ります。<BR>
    塔に閉じ込められた捕虜や、城を廻る攻防戦、残酷で魅力的な女帝と彼女に忠誠をつくす騎士、などなど中世のイギリスらしさ満載で、その華々しさと、息子に寄せるカドフェルの思いのひたむきさがうまく絡み合い、たいそう心に残る作品となっています。<BR>
    そして、いつも、私を楽しませてくれる強く印象的な女性たちですが、今回は3人しか出て来ません。あ、最後の方で、聖ウィニフレッドが出てくるんで、4人かな。でも、一人はしっかり鍵を握っており、その鍵は・・・読んでのお楽しみです(笑)が、私は彼女に強く共感しました(にっこり)。<BR>
    <BR>
    このあと、短編集があるそうですが、自ら信じる道を行き決して泣き言を言わない人たちが印象的な、このシリーズが終わってしまって、とっても寂しい・・・・・

  • 感想は<a href="http://naotya.exblog.jp/d2006-07-04" target="_NEW">ブログ</a>に。(06.07.03読了)

  • 女帝と王の争いの中、カドフェルトオリヴィエ、グロスター伯とその次男、二組の父子の関係を主軸にまた殺人事件…。果たして王位争いの決着は?犯人は?背教者となったカドフェルは?ってわけで読み応えあります。これが長編最終巻だなんて残念…。

全10件中 1 - 10件を表示

背教者カドフェル―修道士カドフェル20 (光文社文庫)のその他の作品

E・ピーターズの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピーター・トレメ...
ウンベルト エー...
ピーター・トレメ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする