愛憎: 吉原裏同心(十五) (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.53
  • (6)
  • (19)
  • (23)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 187
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334763077

作品紹介・あらすじ

吉原で近頃人気の中籬に脅迫文が投げ込まれた。相談を受けた吉原会所の神守幹次郎らが調べ始めたところ、その前に刺客・夜嵐の参次が現れた。参次は人気花魁・薄墨太夫の前にも出没。そして、薄墨が可愛がっていた禿の小花が消えた。はたして小花の拐かしの首謀者の狙いは何か。また、幹次郎と薄墨太夫を狙う夜嵐の参次の正体とは-。絶好調シリーズ第十五弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 二梃かみそりの達次、夜嵐の参次といった二つ名の持ち主が登場する中、おとぼけの親分ってw この辺の崩しっぷりが良い感じでアクセントとなってるから、シリーズに飽きが来ない。幹次郎の下手くそな俳句も人間臭くて好きだ。

  • 薄墨太夫の昔の知り合い登場。とは言いつつ、勝手に懸想され、勝手に付きまとわれるという災難。
    おまけに前作で薄墨が引き受けた禿がさらわれ、身代わりの左吉までも消える。こちらはもちろん会所の面々が解決しますが、新しく親分登場で、この先も出てきそうな感じ。
    吉原でも変わった趣向を試みる妓楼も出てきて、まるでAKB劇場かと思いました。
    そしてもう一つあららと思ったのが、信州から来た力士見習いの魑魅魍魎話。
    時々現実離れしたエピソードをちょいちょい持ってくることがあるけれど、正直ない方がすっきりするのになぁと思いました。

  • 原作ではここでようやく番方は結婚したんだね。なるほど。
    今回は割りと小振りの話でした。

    魑魅魍魎は必要だった?

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    吉原で近頃人気の中籬に脅迫文が投げ込まれた。相談を受けた吉原会所の神守幹次郎らが調べ始めたところ、その前に刺客・夜嵐の参次が現れた。参次は人気花魁・薄墨太夫の前にも出没。そして、薄墨が可愛がっていた禿の小花が消えた。はたして小花の拐かしの首謀者の狙いは何か。また、幹次郎と薄墨太夫を狙う夜嵐の参次の正体とは―。絶好調シリーズ第十五弾。

    9月8日~10日

  • 薄墨太夫には次々と災難が舞い込んでくるなぁ

  • 主人公強すぎ!

    2013/11/30図書館から借用;12/05朝の通勤電車から読み始め;12/06出張の電車で読了

  • 俳句のうまくなさ加減(ま、下手さ加減とは言うまい)の自覚が主人公に出てきて、シリーズの欠点が減った感じと言いましょうか。(^^;
    誘拐の話と、包丁投げの特訓の話ですね。
    居合いの感じで包丁投げって、どうしてもうまく飛ばないように思えるんだけど、どうだろう?(^^;

  • 魑魅魍魎はあれであっさりどこかへ行ったのだろうか…。
    居合に薩摩示現流に加えて新たな飛び道具小出刃。小籐次の竹トンボや夏目影二郎の簪と使い方のノリは一緒なのかもしれんがちょっと面白い。

  • B 吉原裏同心15

    厳しい。

  • 第十五弾
    花魁薄墨太夫の昔の武家の知り合いの双子の兄弟とその背後の長崎丸山、品川の妓楼と吉原の闘い?
    拳銃対出刃との対決絡みで、紫光太夫も絡んでくる
    本当にもてる主人公
    番方の結婚も色を添えるか

全18件中 1 - 10件を表示

プロフィール

佐伯 泰英(さえき やすひで)
1942年福岡県北九州市八幡西区生まれの小説家、写真家。日本大学藝術学部映画学科卒。当初は冒険小説や国際謀略小説を中心としたミステリー小説を執筆していたがヒットに恵まれず、編集者からの勧告に従って時代小説家に転身。初の書き下ろし時代小説『瑠璃の寺』がヒットし、以後作家活動は軌道に乗っていった。
代表作として、『陽炎の辻〜居眠り磐音 江戸双紙〜』のタイトルでドラマ化された『居眠り磐音 江戸双紙』シリーズ、『吉原裏同心』シリーズなど。

佐伯泰英の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

愛憎: 吉原裏同心(十五) (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする