身の上話 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.66
  • (57)
  • (143)
  • (106)
  • (28)
  • (3)
本棚登録 : 957
レビュー : 148
  • Amazon.co.jp ・本 (471ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334763206

作品紹介・あらすじ

あなたに知っておいてほしいのは、人間にとって秘密を守るのはむずかしいということです。たとえひとりでも、あなたがだれかに当せんしたことを話したのなら、そこから少しずつうわさが広まっていくのは避けられないと考えたほうがよいでしょう。不倫相手と逃避行の後、宝くじが高額当選、巻き込まれ、流され続ける女が出合う災厄と恐怖とは。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 半ばまではぐいぐい引き込まれてしまうけど、ネタばれ以降の展開は期待外れだった。主人公の夫が淡々と物静かに語る形式で進行するのが変わった感じでとても面白いのだけど、それだけに半ば以降の尻切れトンボ感が残念です。初めての作家だったけど、ん これは大当り!と感じながら読んでいたら途中でハシゴを外された ような印象(笑)

  • ドラマ化もされた佐藤正午によるサスペンス。
    物語は主人公ミチルの夫が語る身の上話の体裁をとって進む。平凡な書店員だったはずのミチルがふとしたことで不倫相手の男についていくように東京に出てくる。その時、頼まれていた宝くじが当選したことで、ミチルの人生は少しずつ変わり始める。
    ミチルの性格ははっきり言ってそばにいられるとウザい。行動も突拍子もなく、行き当たりばったりな割りに周りに与える影響が大きく、たくさんの人の人生を狂わせてしまう。正直、関わり合いになりたくないと思う。
    そんなミチルを妻に迎えた語り手の心情がいかばかりのものだったろうと、それも何となく気になってはいたのだが、そうきたか。しかも、冒頭からの落ち着いた雰囲気の語り手の調子は最後まで乱れることなく、ただ淡々と語られることで、結末に向けた思いの強さを垣間見ることができる。

  • 佐藤正午の身の上話を読みました。

    ヒロイン、古川ミチルは地方都市に住む23歳の書店員です。
    ミチルは「土手の柳は風まかせ」という評価の通り、自己主張も少なく周囲に流されやすい性格です。

    物語の冒頭、ミチルは不倫相手の豊増を追って東京に行ってしまいます。
    強い主張もなく流されるままに東京に来てしまったミチルは、子供の頃からの知人、竹井を頼ってそのマンションに転がり込みます。
    そして、高額当選の宝くじを入手してしまったところから、彼女の運命が狂いだすのでした。
    高額のお金を持っているという意識が、彼女を追い詰めていきます。

    ところで、終盤物語が急展開するところで竹井が重要な役回りを担うのですが、この人物の得体の知れなさは怖いと思いました。

    人々は宝くじを気軽に買いますが、運良く(運悪く?)高額当選してしまった場合には、当選者には厳しい試練が待っていて、最悪の場合は身の破滅もありそうだなあ、と思ったのでした。

  • この作者の「ジャンプ」や「Y」などの小説は、日常的なありふれた光景や何の変哲もない淡々とした生活を営む人たちを取り上げるのですが、ふとしたことからその光景が全く違った様相を見せる・・そのダイナミックともいえるような展開にいつも息を呑みます。今回のこの小説は、ミチルという自分の妻の身の上を語る夫の視点で話は進んでいきます。もしもあの時・・こうしていたなら、とかあっちの道に進んでいたならとあとで思い返すような人生の岐路は誰にでもあるものです。ミチルもふとしたことから、尋常ならざる人生を歩むことになります。いつのまにか生まれ育った地元を離れ、転々とすることになった彼女の交友関係でも目立たない人物が
    実は重要な鍵を握っていることに気づくのですが・・・
    忍び寄る恐怖とでもいうような怖さがこの小説にはあります。最後の展開でもまた驚くような真相が明かされることになります。
    それにしても、凡人は高額の宝くじなどには当たりたくないものだとつくづく思います。

  • 戸田恵梨香主演ドラマ「書店員ミチルの身の上話」の原作。
    ドラマは、原作を忠実に作ったのですねー!よく違う結末に作り変えられていたり、よりドラマチックにしたりっていうドラマが多いですが、まんまでした…

    原作のほうが、より想像力をかきたてられる感じがしてよいです。
    最初から最後まで、ミチルの夫の独白で語られているところも。ミチル役が戸田恵梨香なのは、ピッタリのキャスティングかと。

    今まで、佐藤正午さんという作家を知らなかったのがもったいない!と思うくらい引き込まれる文章。
    他の作品も読んでみよう。

  • おっもしろかったー!
    なんか、高野文子みたいな淡々とした感じがよかった。
    ドラマ見てないけどミチルが戸田恵梨香なのはいいと思う。

  •  同僚から宝くじをお使いを頼まれた帰り道、主人公の古川ミチルは衝動的に不倫相手と一緒に東京へ向かい、そのまま東京で生活することになってしまう。しかし、その宝くじで二億円が当選してしまいミチルの災厄は始まっていく。

     解説でも書いてあったのですが語り口の妙が光る作品です。ミチルの夫の語り口調は最初は落ち着いた印象、もしくは堅い印象が先に立ち少し読みにくいかなあ、と感じたのですが、その印象が逆にミチルの周りの人物たちの異常性を際立たせているように感じます。

     サスペンスとしても周りの状況に流されていくミチルの姿、登場人物たちそれぞれの情報の擦れ違いからさらに事件が大きくなっていく様子がきっちりと描きこまれていて読ませます。そして語り口を生かしたミステリーとしても巧い!

     二億円が当選したということをもっと話の本筋に絡めてほしかったことと結末が少しあっけなかったというところはあったものの、当選後のミチル自身の変化や登場人物の怖さを十二分に堪能できた作品でした。

  • ドラマが面白かったのでいまさらだけど原作も読んでみた。そして後悔。これはドラマ見る前に読んでおきたかった。この語りにある「仕掛け」の妙は、1ページずつ自分の手で読み進めてこそ味わえるものでしょう。
    やっぱりNHKのドラマはちゃんと作り込まれてるんだなと思った。ドラマでは微妙に設定とかが変更されているところもあったけれど、破綻せずに纏まってたわけだし。でもやっぱり、この仕掛けだけはNHKでも映像化不可能でしょう。これは小説にしか出来ないことですから。

  • 気まぐれな行動で東京に出てきてしまい、しかも宝くじに当選し高額を得てしまう。
    そのことによりどんどん深みにはまっていくように厄介ごとに引き込まれていく。
    当事者がというより、自分のせいにより周りで勝手に起きていく出来事に怯えてしまう。
    ちょっと背筋が寒くなる様な感じ。
    宝くじ高額当選が不幸をもたらしたとは思わないが、お金があることが幸せであるとは限らない、そんなstory。

  • 来年、戸田恵梨香でドラマ化でキャストがおもしろそうだったので原作も読破。

    これすごくおもしろいです。
    みんなのレビューにある、ラストの脱力感みたいな虚無感みたいなのはわたしには無く、ふつうの女性のありえる転落話って感じでした。
    テンポいいから一気に読めるし、みちるはまぁ、かわいそうだけど自業自得なのかな。なんだか自分も痛いとこ突かれながら読んだ。
    ドラマの竹井くんは高良健吾が演じるのかな?
    楽しみ。

全148件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1955年長崎県佐世保市生まれ。『永遠の1/2』ですばる文学賞、『鳩の撃退法』で山田風太郎賞受賞。おもな著作に『リボルバー』『Y』『ジャンプ』など。

「2016年 『まるまる、フルーツ おいしい文藝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

身の上話 (光文社文庫)のその他の作品

身の上話 単行本(ソフトカバー) 身の上話 佐藤正午
身の上話 (光文社文庫) Kindle版 身の上話 (光文社文庫) 佐藤正午

佐藤正午の作品

身の上話 (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする