立ち向かう者たち (光文社文庫)

著者 : 東直己
  • 光文社 (2011年12月8日発売)
2.89
  • (0)
  • (2)
  • (12)
  • (4)
  • (0)
  • 59人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334763367

立ち向かう者たち (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 東氏は見て見ぬ振りをするのが普通であるような人間のイヤなところを、そのままハッキリと書いてしまうのが特徴の1つだと思っています。ススキノの便利屋シリーズなら「俺」の正義感とユーモアで帳消しになるところが、本書では救いがないので読後感が非常に悪いです。
    別の解釈もあるかもしれませんが、私は好きになれない1冊でした。

  • 短編集。
    冒頭の「立ち向かう者たち」の
    主人公に共感してしまった。
    何かコトが起こるとこぞって被害者の立場から
    加害者を糾弾するマスコミ報道ばかりの中で
    こういう視線や立場からものが見れるって
    いいなぁと思った。

    「疑惑」には誰もが嫌悪してしまう女が出てくるけど
    その後に「責任」を持ってくるところが良かった。

  • 東さん、路線変更したの?と最初に思った。ススキノシリーズとかが好きな人が手に取ると、この本は少し肩すかしかも。

  • -

    -

全5件中 1 - 5件を表示

立ち向かう者たち (光文社文庫)のその他の作品

東直己の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

立ち向かう者たち (光文社文庫)はこんな本です

ツイートする