立ち向かう者たち (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.00
  • (1)
  • (2)
  • (13)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 61
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334763367

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数


  • 短篇集。
    全編通して、幼少期の体験が良くも悪くも多分にその後の人生に影響を及ぼすことが表されている。その振れ具合が極端ではあるけども。

    男の愚かさとしょうもなさを素敵に綴った一冊でした。
    とは言え、一篇それぞれの凝縮具合は非常に濃厚だ。
    読んでて、耳が痛くなるというか。痛切。
    ジュブナイル的なラストの一話が、東氏らしくなくて新鮮だったな。

  • 東氏は見て見ぬ振りをするのが普通であるような人間のイヤなところを、そのままハッキリと書いてしまうのが特徴の1つだと思っています。ススキノの便利屋シリーズなら「俺」の正義感とユーモアで帳消しになるところが、本書では救いがないので読後感が非常に悪いです。
    別の解釈もあるかもしれませんが、私は好きになれない1冊でした。

  • 短編集。
    冒頭の「立ち向かう者たち」の
    主人公に共感してしまった。
    何かコトが起こるとこぞって被害者の立場から
    加害者を糾弾するマスコミ報道ばかりの中で
    こういう視線や立場からものが見れるって
    いいなぁと思った。

    「疑惑」には誰もが嫌悪してしまう女が出てくるけど
    その後に「責任」を持ってくるところが良かった。

  • 東さん、路線変更したの?と最初に思った。ススキノシリーズとかが好きな人が手に取ると、この本は少し肩すかしかも。

  • -

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

一九五六年札幌生まれ。本郷幼稚園中退、本郷小学校卒、東白石中学校卒、札幌東高等学校卒、小樽商科大学中退、北海道大学文学部哲学科中退。
現場作業員、ポスター貼り、調査員、ガードマン、トラック助手、編集者、広告営業、コピーライター、受刑者など諸職を転々。
一九九二年『探偵はバーにいる』(早川書房)で小説家としてデビュー。同作は、一九九三年『怪の会』激賞新人賞受賞。
二〇〇一年『残光』(角川春樹事務所)で日本推理作家協会賞受賞。

「2010年 『北の作家 書下ろしアンソロジーvol.2 utage・宴』 で使われていた紹介文から引用しています。」

立ち向かう者たち (光文社文庫)のその他の作品

東直己の作品

ツイートする