読売屋 天一郎 (光文社時代小説文庫)

著者 :
  • 光文社
3.45
  • (0)
  • (6)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334763466

作品紹介・あらすじ

築地の読売「末成り屋」。その主、水月天一郎の元へ勘定吟味役と水油仲買商人が癒着しているとの情報が入った。探索を始めた天一郎はすぐに何者かに襲われる。そして、新たに入った情報を追う天一郎の前に現れた侍たちの影。正義のため瓦版に命をかける天一郎の剣が煌めく。迫力の剣戟に、胸躍る展開、心を打つ物語-。大人気の著者が放つ渾身の新シリーズ第一弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 現在進行形のシリーズ。
    現状4巻まで。
    (2014.09.16)

    元旗本の読売屋(今で言う新聞記者)が
    世の悪を暴くって感じの物語。

    おもしろい。
    結構いんじゃないの。

    改めて考えると、
    訳あり新聞記者が事件解決って
    2時間ドラマのサスペンスみたいだけど、
    時代物では案外目新しい設定かも。
    著者の代表シリーズである
    『風の市兵衛』シリーズもそうだけど、
    主人公の職業の設定がうまいなあと思う。

    『風の市兵衛』は、実は実家が権力者っていう、
    水戸黄門的勧善懲悪の世界だし、
    無敵の剣術使っていうど真ん中でベタな設定だけど、
    今作は少しニヒル。

    腐れ役人にも腰低く、平気で袖の下を差し出す主人公。
    清廉潔白な正義の味方でなく、
    清濁併せ吞むリアリストって感じ。
    剣術も強いけど何度も危なくなるし、
    市兵衛ほど現実離れしていない。

    あと、クライマックスのチャンバラが、
    テンポよくて気持ちいい。
    カメラが2カメ3カメに切り替わる感じ。
    ある戦い、その同時刻の別の戦いみたいに。
    結構斬新なんじゃないかしら。これ。

    『風の市兵衛』のベタさがあんまりって人は
    こっちの方が面白いかも。
    ちょっとマンネリ化してきているし、
    設定がおざなりになってきているし。
    市兵衛。
    これからが楽しみなシリーズ。

  • 171

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

辻堂 魁(つじどう かい)
1948年、高知県生まれ。早稲田大学卒業後、出版社勤務を経て作家デビュー。骨太な筆致で描かれる人物造詣や物語展開には評論家・縄田一男も脱帽。「風の市兵衛」「夜叉萬同心」シリーズなどが読者の絶大な支持を得ている。

読売屋 天一郎 (光文社時代小説文庫)のその他の作品

辻堂魁の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする