情愛―大山巌夫人伝 (光文社時代小説文庫)

著者 :
  • 光文社
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 16
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334763534

作品紹介・あらすじ

戊辰戦争の賊軍、会津藩家老の孫・山川捨松は、かつての宿敵だった薩摩閥の陸軍卿・大山巌と結婚した。鹿鳴館の名花といわれ、共に留学経験のある大山との仲は睦まじかった。だが、先妻の子供たちから受け入れられず、家庭内では苦悩の日々を送ることに-。明治のベストセラー小説『不如帰』のモデルで、先妻の娘を苛め抜いた継母といわれた捨松の実相に迫る。

著者プロフィール

1932年、長崎市に生まれる。54年佐賀大学教育学部卒。高校教師を経て編集者となり、のち作家活動に入る。著書に『龍馬の妻』(ちくま文庫)、『西郷家の女たち』(文春文庫)、『濃姫孤愁』(講談社文庫)、『秀吉の野望』(光文社時代小説文庫)など多数。

「2016年 『真田幸村の妻』 で使われていた紹介文から引用しています。」

阿井景子の作品

情愛―大山巌夫人伝 (光文社時代小説文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×