中途半端な密室 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.31
  • (32)
  • (106)
  • (203)
  • (37)
  • (7)
本棚登録 : 1144
レビュー : 125
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334763626

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 短編集ですし、作者特有の軽い文章なので(褒めてます)さくさく読めます。  トリックは解りやすく見当もつくので、本格好きには物足りないかも。 けど、ライトなのが好きな方にはいいと思います。 読後感も悪くないし、ユーモアミステリならではの面白さもあります。
    アタシは東川さんの本の魅力は、登場人物のキュートさと、彼等の会話にあると思ってます。 本書の探偵&ワトソン役ももちろん魅力的。
    楽しくミステリーを、って方は是非。
      

  • 「中途半端な密室」
    テニスコートでナイフで刺された男の死体が発見された。コートには内側から鍵がかかり、周囲には4mの金網が。犯人が内側から鍵をかけ、わざわざ金網をよじのぼって逃げたのか?そんなメンドクサイことを犯人がするのか?表題「中途半端な密室」を含む短編5編収録。


    中途半端な密室


    南の島の殺人


    竹と死体と


    十年の密室・十分の消失


    有馬記念の冒険


    私としては「十年の密室・十分の消失」が一番印象的でした。犯人の動機、過去の背景、そして鮮やかな犯行と其々が納得出来るものでした、強引な論理展開もいつもより少なめな気がしますし。また「南の島の殺人」は読者から推測出来るように論理が進められているので、楽しめました。


    「中途半端な密室」は十川と片桐の推理の掛け合いがとてもテンポ良くスイスイ読むことが出来ました。また事件現場に彼らが出向くともなく、新聞の2つの記事をもとに推測していく点は東川氏作品では新鮮かもしれませんね。


    個人的にはこの作品は東川氏の作品の中で結構お気に入りです。頑張れミキオ。

  • 基本的に文庫派だから「謎解きは…」は、気になりつつも、まずは東川さんの作品を読んでみようと思い、書き下ろしで手頃なこちらの本を見つけ購入。

    短編だけど、最初の「中途半端な密室」以外は、登場人物は一緒なので、連続短編のような感じ。個人的には最後の「有馬記念の冒険」が面白かったかな。

    短編だけど、よくまとまっていて次々と読み進めたくなる。他の本も読んでみたくなった。

  • なんとのう、懐かしい感じがするんじゃけど岡山弁のせいじゃろうか。

  • 謎解きに比べたら、引き込まれる力の弱さを感じたけれど。ラストまで、しっかり楽しんで読めた作品。有馬記念のヤツが、いちばん好きかなー。

  • H24.3.28

  • ショートでいろいろな角度からや長編でももっと楽しめそうだと思える作品集でした。
    次を期待させる運びは面白い

  • 短編集ですね。

    烏賊川市シリーズに次ぐぐらいの面白さでしたね。

    内容はいいんですが、なかなか短編だと
    満足しないもので・・。

    しかしながら、キャラクターは見事なまでに
    楽しくも頼もしい方ばかりで
    飽きることはないですよ。

    さくさく読めることは間違いないです。

  • トリックは凝っていないが、特有の人物達の掛け合いが
    読んでいて楽しい。
    敏ちゃん&ミキオのコンビはまた読みたいところ。

  • 「謎解きは…」の東川篤哉の短編集。ユーモアの中にもトリックしっかりしてます。岡山県出身?

全125件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

作家

「2018年 『世にもふしぎな動物園』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中途半端な密室 (光文社文庫)のその他の作品

東川篤哉の作品

ツイートする