中途半端な密室 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.31
  • (32)
  • (106)
  • (203)
  • (37)
  • (7)
本棚登録 : 1145
レビュー : 125
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334763626

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 気軽に楽しめる雰囲気と、推理小説としてのしっかりした骨組み。短編でも遺憾なく発揮されていて面白かった。

  • さすが東川篤哉といった、ライトな読み口のユーモア溢れるミステリーでした!
    ライトな読み口、といってもトリックはとてもしっかりしていて退屈させない作品だと思います。
    大学生2人組のシリーズが面白く、大学生ならではのゆるいユーモアを交えつつ、しんみりとさせるところもあり、誰にでもおすすめできると思いました。

  • なんとなく読まず嫌いだった作家さんなのですが、以前読んだどんでん返しアンソロに収録されていた話が面白かったので一度読んでみようと思い手に取りました。なんとなく、キャラ小説とかラノベっぽいのかな?と勝手に思って避けていたのですが、予想に反してにちゃんとしたミステリでした。キャラクター同士のやり取りも軽快で面白い。テンポよくスイスイ読めました。ユーモアミステリと言うらしい。なるほど。あと個人的に岡山弁とか広島弁とか中国地方の方言が大好きなので、そこも好印象。読まず嫌いはよくないなぁ。他の作品も読んでみます。

  • 「中途半端な密室」

    「南の島の殺人」

    「竹と死体と」

    「十年の密室・十分の消失」

    「有馬記念の冒険」

  • あいかわらず軽い気持ちで読めて、なのにちゃんとミステリしてる。
    特に『竹と死体と』なんかは冴えてる。

  • 安楽椅子推理小説。
    5話からなる。
    「謎解きはディナーの後で」が、テレビ化されて有名になったけど、、、、
    この作品は、少しのヒントで、場所などを想像して行ったり、一つのピースで、ジクソーパズルをはめて完成して行く辺りユーモアを持って、面白いのだが、、、なぜか、文章的なのか構成的なのか、、、、本になると、興味が薄れるのはなぜなのだろうか?
    こちらの想像力の乏しさなのか?
    それとも、無理やりな出来事的な事が、多いせいなのか?

  • 軽めの短編集。
    岡山が出てくるあたりで少し笑った。
    推理というか謎解きだなあ。

  • ライトな推理小説として、キャラや語り口もコミカルで、楽しく読めた。

  • 2016年3月15日読了。
    2016年81冊目。

  • 面白いけど個人的には烏賊川市シリーズの方が好き‼️

全125件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

作家

「2018年 『世にもふしぎな動物園』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中途半端な密室 (光文社文庫)のその他の作品

東川篤哉の作品

ツイートする