中途半端な密室 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.31
  • (32)
  • (106)
  • (203)
  • (37)
  • (7)
本棚登録 : 1145
レビュー : 125
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334763626

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 途中でやめた

  • ユーモア要素は少なくて、意外と本格ミステリー。岡山弁も本格的www

  • 東川さん初期の短編を中心に集めた文庫。5話あって、どれも独立して読めるけど、うち4話は探偵が同じ。すっきりとしてどれも読みやすい。個人的には十年の密室・十分の消失が好き。わたしは東川さんの本は光文社のものしか読んでいなくて、ディナーのは知らないんだけども、いままでで一番好きだったのは、交換殺人に向かない夜。読後感が少しそれに似ていた。ユーモアがきいて、さっくりしているけど、しんみりと切なくなる、そんな感じ。とはいえこの人の真骨頂はユーモアミステリなので、その意味で言えば有馬記念の冒険は設定に洒落がきいていてよかった。あー、結局どれもすきだなあ。

  • 短編集。
    安楽椅子探偵もの。
    読みやすい。

  • 東川篤哉さんのデビュー前後に書かれた短編集。全て安楽椅子探偵もので密室殺人・建物消失・アリバイ物とバラエティーに富んだ内容でした。後この頃は野球ネタを要所に盛り込む作風は確立されていなかったようです。

  • 東川篤哉作品二冊目であります。短編集でありますが、安楽椅子探偵の敏ちゃんシリーズがメインです
    推理としては「南の島の殺人」が良かったように思います。一方で建物消失のトリックに関しては納得いかない気持ちにもなったり。

  • ほとんどが安楽椅子探偵山根敏ちゃんの話
    でも意外に表題作が面白かった

  • デビュー作だというけれど、本当に楽しかった。
    サスペンスも結構好きだけれど、もともと人の妬みとか恨みを強く打ち出したような作品が好きじゃないからなのか、すっきりとした作品で好感です。
    東川サン、私好きかも。文庫のものが他にあったら手にしてみようと思いました。

  • 2013/10/02
    復路

  • 東川さんが、プロ作家としてデビューする前に、
    一般公募型の推理小説集に投稿し、掲載された、
    5編の短編を収録した短編集ではありますが…、

    確かに、後に、「謎ディ」等に代表される、
    ユーモアミステリー作家の片鱗は感じましたが、
    やはり…、全体的に力量不足感は感じました…。

    それでも、表題作の「中途半端な密室」は、
    意味不明の中途半端な密室と殺人事件の真相を、
    意外などんでん返しで収束させており、
    なかなかに、面白かったです。

    本格的なデビュー前の作品集ですから、
    その辺りは大目に見て頂いて、読んでもらえば、
    ちょっとした暇つぶしには、十分だと思います。

全125件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

作家

「2018年 『世にもふしぎな動物園』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中途半端な密室 (光文社文庫)のその他の作品

東川篤哉の作品

ツイートする