常念岳 一ノ沢の死角 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334763664

作品紹介・あらすじ

常念岳に登っていた中学生パーティーから安曇野署に救助要請が入った。女子生徒一名が転落し重傷だという。結局、治療の甲斐なく息を引き取ったが、刑事・道原伝吉は小さな矛盾点から死因に疑問を持ち始める…(表題作)。道原伝吉の粘り強い捜査が真実を解き明かす山岳ミステリー五編に、男女のもつれた感情を描く二編を加えた、"情念の文学"梓ワールド傑作集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 淡々と事柄が描かれ、なるほどと思わせる部分は多い。だが最近の心理描写の濃いミステリーを読んでいると、何か物足りない気がするのは私だけか。

  • (収録作品)岩稜の目/常念岳 一ノ沢の死角/小屋閉め前夜/近い山/重装備/傷口書留/春の血筋

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1933年長野県生まれ。80年『九月の渓で』で第3回エンターテイメント小説大賞受賞。長年の登山経験を活かした山岳ミステリーや、都会人の複雑な人間模様を主題にした作品に定評がある。『百名山殺人事件』『白神山地殺人事件』等著書多数。

「2020年 『人情刑事・道原伝吉 松本-鹿児島殺人連鎖』 で使われていた紹介文から引用しています。」

梓林太郎の作品

ツイートする