女の陥穽―御広敷用人大奥記録〈1〉 (光文社時代小説文庫)

著者 :
  • 光文社
3.33
  • (1)
  • (12)
  • (17)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 111
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334764050

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 登場人物が多くて、関係性を理解するのに時間がかかりそう。
    水城の勘定吟味役の頃のシリーズを先に読んでおけばよかった。

  • 新しい時代小説の作家さんを求め、上田秀人先生に初挑戦。

  • 聡四郎のその後なんですね。続きが楽しみ。

  • 勘定吟味役異聞の続編でした。でもここから読んでも話はわかります。
    大抜擢で御広敷用人に。奸計うずまく大奥へと。いざ。

  • 上田さんのおかげで 時代小説にはまりだしました。
    これまで 幕府といえば老中 大目付 町奉行しか知りませんでしたが、綱吉 吉宗 定信の周りに 色んな役人 職が有ることを知りました。

  • 勘定吟味役異聞の続編の新んシリーズ第一弾
    吉宗の命で御広敷用人に
    大奥と伊賀者、吉宗の対抗勢力との対決の開始

  • 水城復活!
    前シリーズ半分読んだだけで次のシリーズ開始!
    「ワイルドだろ~」(古い)
    今度は八代様の走狗として不器用に戦います
    まずは大奥へ圧力
    迷惑なのは水城なんだが・・・

  • 22

  • 八代将軍吉宗の時代。改革に伴う大奥との争いに巻き込まれた旗本が主人公。シリーズで展開されるらしいので、続きが楽しみ。

全9件中 1 - 9件を表示

女の陥穽―御広敷用人大奥記録〈1〉 (光文社時代小説文庫)のその他の作品

上田秀人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする