津軽殺人事件―“浅見光彦×日本列島縦断”シリーズ (光文社文庫)

著者 : 内田康夫
  • 光文社 (2012年6月12日発売)
2.75
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :29
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (362ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334764234

作品紹介

弘前の古書店主が東京のホテルで毒殺された!そのポケットには"コスモス、無残"…のメモが遺され、太宰治が描いたという肖像画が消えていた。津軽へ向かった浅見光彦は被害者の娘・靖子と会い、被害者が主宰していた「『津軽』を旅する会」が事件の鍵をにぎると推理する。会の参加者を訪ねる光彦だが、そこで第二の殺人が!津軽半島を旅情豊かに描く傑作長編。

津軽殺人事件―“浅見光彦×日本列島縦断”シリーズ (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 弘前の古書店主が東京のホテルで毒殺された!そのポケットには“コスモス、無残”…のメモが遺され、太宰治が描いたという肖像画が消えていた。津軽へ向かった浅見光彦は被害者の娘・靖子と会い、被害者が主宰していた「『津軽』を旅する会」が事件の鍵をにぎると推理する。会の参加者を訪ねる光彦だが、そこで第二の殺人が!

  • 津軽 太宰 マドンナ 養鶏 津軽人の気質

  • 内田先生の作品は大好きで2年前から余裕があれば本を買っては読破し続けてきました。そうやって内田先生の良さを知っているだけに、この「津軽殺人事件」はやや理解に苦しむ箇所が散見し、いつものような読後の爽快感は無かったです。
    (自分がその方面の知識に疎いからかもしれませんが…)
    テーマである津軽の人々の人間性、建設業界と地方行政との不正ならびに、各殺人事件の間の関連性をもっと深く、分かりやすく描写して欲しかったです。
    「太宰治と津軽」という、素材が良い作品 だけに少々残念ではありました。

全3件中 1 - 3件を表示

津軽殺人事件―“浅見光彦×日本列島縦断”シリーズ (光文社文庫)のその他の作品

内田康夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
内田 康夫
有効な右矢印 無効な右矢印

津軽殺人事件―“浅見光彦×日本列島縦断”シリーズ (光文社文庫)はこんな本です

ツイートする