小樽殺人事件―浅見光彦×日本列島縦断シリーズ (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334764517

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小樽旧家を襲う連続殺人。それは愛する人に棄てられた男の怨念が形を変えたものだったのかもしれない。

    果てしない悲壮感が、この作品のテーマのように思う。

  • 北海道の旅行中に…


    最後の終わり方が、
    少し、納得いかなかったな。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

東京都生まれ。一九八〇年『死者の木霊』で衝撃的デビュー。以後〈――伝説殺人事件〉〈地名+殺人事件〉など長編推理小説を精力的に発表し、旅情ミステリーの第一人者となる。二〇〇七年には著作総発行部数が一億冊を超える。〇八年、ミステリー文学への多大な貢献が称えられ日本ミステリー文学大賞を受賞した。一五年には、一般財団法人内田康夫財団を設立。一六年四月、軽井沢に「浅見光彦記念館」オープン。http://www.asami-mitsuhiko.or.jp

小樽殺人事件―浅見光彦×日本列島縦断シリーズ (光文社文庫)のその他の作品

内田康夫の作品

ツイートする