惜別―鬼役〈5〉 (光文社時代小説文庫)

著者 : 坂岡真
  • 光文社 (2012年8月8日発売)
3.71
  • (2)
  • (6)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 50人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334764548

惜別―鬼役〈5〉 (光文社時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まだ家族に打ち明けないんですね。

  • 鬼役5巻目。
    今回は最初からなかなか衝撃的な毒に(毒というより腐ってる)当るというところからのスタート。
    吉原の冥加金強奪事件に幼馴染の友、神尾が関係しているという話…
    というのが大筋の流れ。
    城の中と百姓、平民との格差社会が大きく打ちこわしが多かったというけれど
    この打ちこわしが様々な利権が関与しているみたいで。
    まぁ無事に義理の弟、市之進は結婚出来たので
    なによりですわ。
    女性陣は相変わらず凄まじい気迫。

  • なかなかです。

  • 第五弾(/「鬼役 矢背蔵人介 秋色の風」の加筆改題)

全4件中 1 - 4件を表示

坂岡真の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

惜別―鬼役〈5〉 (光文社時代小説文庫)はこんな本です

ツイートする