ちゃらぽこ―真っ暗町の妖怪長屋 (光文社時代小説文庫)

著者 :
  • 光文社
3.42
  • (4)
  • (5)
  • (15)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 76
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334764661

作品紹介・あらすじ

本所業平橋の外れの外れ。場末の中の場末の町に、一軒のボロ長屋があった。住人たちは一見普通の町人だが、一皮剥けば、くせ者揃いの妖怪ばかり。そんな長屋に、ひょんなことから、旗本の次男坊・荻野新次郎が住むことになった。一本気な性格が災いして職を失い、親から勘当された身なのだ。居合の達人・新次郎と気のいい妖怪たちが悪に立ち向かう、痛快時代活劇。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 妖怪たちが住む場末の長屋に立ち退けとヤクザが追い立てに来た。妖怪たちは抵抗するが、立ち退き騒ぎには裏があった。気の良い妖怪たちと彼らに助けられた旗本の次男坊が協力して陰謀と戦う展開はドタバタ喜劇調と伝奇色を絡めてまあまあ面白い。妖怪たちなどの蘊蓄もまずまず。でも、陰謀の真相やクライマックスは盛り上がりに欠け中途半端な感じがした。キャラたちもあまり存在感が無くもう少しピリッとしたものが欲しいし、ストーリーももう一捻り二捻り欲しい。

  • 爽快な展開。
    ざっくり言うと、
    妖怪達が、仲間ためす住み処のために大暴れ!です。ある程度展開は読めるんですが、その分安心して読める。それでも一気に読める構成力、筆力が圧倒的。
    メジャーな妖怪があまりいないのも面白い。

  • 面白い!妖怪達が生き生きしている。飽きさせず一気に読ませる構成力はさすが!

  • 妖怪ものと時代劇ものが好きなので、妖怪+時代劇のお話は脊髄反射でレジに持って行きます。
    登場してくる妖怪も人間も、ひとクセもふたクセもあって面白いです。ただ、ちょっとキャラ立ちが大げさでわざとらしくて、うわっ滑り感が否めません。

  • 朝松健先生が、「ほのぼの妖怪コメディ」を書いたと思ったら、実は「妖怪大戦争」だったでござる。

    作者のキャリアを考えると当然なのですが、「悪の陰謀描写」「人間対怪異アクション」が実にしっかり描かれており、実に地のしっかりとした「アクションコメディ」になっています。バランスも絶妙で、近年の作品の中では、エンターテイメント性において一番好きな作品かもしれません。

    勿論、コメディとしても面白い。第一章衝撃のラストには心底笑わせていただきました。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1956年、札幌市に生まれる。出版編集者として幻想文学、魔術書の数々を企画、編集。1986年に『魔教の幻影』で小説家デビュー。以降、ホラーをはじめ、ユーモア格闘技小説、時代伝奇小説、妖怪時代コメディなど、幅広いジャンルで活躍。代表作に『朽木の花 新編・東山殿御庭』 『アシッド・ヴォイド』 『Faceless City』 『邪神帝国』 『金閣寺の首』など。2006年「東山殿御庭」(『朽木の花』所収)が日本推理作家協会賞候補となる。〈ナイトランド・クォータリー〉に創刊号より《一休どくろ譚》を連載中。近年はトークイベントにも出演、歯に衣着せぬコメントでファンを沸かせている。

「2019年 『邪神帝国・完全版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

朝松健の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×