二人静 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
4.06
  • (5)
  • (9)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :63
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (634ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334764869

作品紹介・あらすじ

困難を抱える男女が出会った。認知症の父親の世話と仕事に忙殺される町田周吾。他人との会話が困難な場面緘黙症の娘を女手一つで育てる乾あかり。介護施設での出会いを契機に二人は距離を縮めていく。しかし、彼らには幾多の苦難が待ち受けていた。真実の愛とは何かを問いかける第一回ツイッター文学賞受賞の傑作長編。巻末によしもとばななの特別エッセイを収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 親の介護が他人事ではない年齢になったので、心に重く感じる内容でした。
    また、内容が内容だけに意図的かもしれませんか、進展が遅く起伏がないうえにボリュームがあり、結末も中途半端なので消化不良のままに終わった印象です。

  • 介護の難しさと、DVのことがからめてあり、ストーリがよくできていて、おもしろかった。

  • 130502

  • 巻末のよしもとばななのエッセイがよい

  • Twitter文学賞第1位受賞。
    親の介護、DV、人生の壁を丁寧な描写で描いた作品。
    題材としては重いが、終わり方の余韻がいい。

  • 京極夏彦さんの小説のように、分厚い文庫本
    読みはじめてすぐが、認知症の父親を介護施設に預ける場面で
    なんだか、身につまされて、つらくて悲しくて、読んだことを後悔
    でも、淡々と進んでいく小説の世界が、とても現実的ながらも
    嘘がなく、一生懸命生きている人たちの姿に、心打たれ
    あまりの現実の残酷さに、落ち込んだり・・・
    生きていてくれるだけで、ありがとう と言いたくなりました
    静かで、とても好きな小説です

全6件中 1 - 6件を表示

二人静 (光文社文庫)のその他の作品

二人静 (光文社文庫) Kindle版 二人静 (光文社文庫) 盛田隆二

盛田隆二の作品

二人静 (光文社文庫)はこんな本です

ツイートする